東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

カランガマンの写真

[slideshow_deploy id='782']
カランガマンには大物はいませんが、ムレハタタテの群れやクマノミ、チョウチョウオなどの中物がたくさんいました。 その他にもイーグルレイやブルースポテッド、リーフフィッシュなども見れるようです(管理人は見れませんでしたが・・・)。

カランガマン近辺は透明度が良いので、まるで水族館の中心にいるような感覚になります。 管理人としては、ダイバーの憧れ「クダゴンベ」を見れたのが一番良かったですね。

また、ボトム深度50m(リーフトップからは20m)のダイナミックなリーフ地形も見物です!