東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

シパダン&マブール島の概要

こんちには。 「東南アジアでダイビング」の管理人です。

まずはマブール島とシパダンがどこにあるか改めて確認しましょう。 シパダン&マブール島はマレーシアのボルネオ島の海「セベレス海」にあります。

シパダンの場所

大きな地図で見る

マブール島の場所

大きな地図で見る

 

シパダンは環境保護のために、無人となっており(上陸は可能)、過去の自然を残した島となっています。 また、入島制限もかかっており、1日120人しか入島できません。 (ダイビング関連で入島制限がある島は、管理人もここ以外見たことあありません)

近海にはピックハンドルバラクーダ、ギンガメアジ、ツバメウオなどが群れつくり生息しています。 深青色の海に映えるこれらの魚群が、多くのダイバーを虜にしているのでしょう。

 

シパダンのビーチ、綺麗過ぎてヤバイ

シパダンのビーチ、綺麗過ぎてヤバイ

シパダンの桟橋

シパダンの桟橋

 

マブール島には宿泊施設があり島に滞在しながら潜り倒すことが可能です。 珊瑚礁に囲まれた海には、これでもかっ!!ってくらいのウミガメがいます。

これはマレーシア政府(島内住民の自助努力だったかもしれません)により、ウミガメが保護されているためです。 そのため。普通だったら逃げるだろ!!っていう位近づいてもマブール島のウミガメは逃げません。 ウミガメ好きなダイバーなら垂涎の海であること間違いありません。

 

3-DSC08094

マブール島の桟橋から

4-DSC08097

マブール島の桟橋、ここを起点に近海へダイビングする

次回は、シパダンにダイビングするにあたり注意したい点をご紹介します。