東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

タオ島のダイビングサイト紹介(ホワイトロック) ~概要~


大きな地図で見る

ツインズと並び、タオ島西部で潜れる有名なダイビングポイントがホワイトロックです。

ホワイトロックという名前の通り、白い岩が船上から見ることができます。 岩のトップが1mという非常に浅い深度なため、船上からも見る事ができるのです。 ホワイトロックはこのような隠れ根(水中に埋没している岩礁、つまり岩の集まり)となっています。

このポイント特有の魚がいるわけではありませんが、ワヌケヤッコやツキチョウチョウウオ、ゴマモンガラなどタオ島特有の魚は必ず見れます。 最大深度は20m程度で、初心者ダイバーでも安心して潜れます。

ホワイトロックの最南端は20mほどの砂地となっており、そこにはメタリックシュリンプゴビーやギンガハゼを見ることができます。 ただ深度が20mあったり、最南端側はあまり透明度が良くなありません。

ゆっくりハゼを見たいのであれば、より水深が浅いツインズの方がオススメです。