東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

タオ島のダイビングサイト紹介(サウスウェスト) ~シークレット~

1-DSC06498

シークレットでのキンセンフエダイの群れ

実はサウスウェストピナクルにもう一つの見どころがあります。 いや!むしろこちらの方がメインかもしれません。

前回紹介したように、サウスウェストピナクルはいくつかのピナクルが群がっています。 それらのピナクルから南西に数十メートル行ったところに、ポツンと小さなピナクルがあります。 このピナクルは「シークレット(ピナクル)」や「はなれ(ピナクル)」と呼ばれています。

↓の動画は2010年に管理人が撮影したシークレットです。

やっぱりシークレットはすごい!! (*゚∀゚)=3ハァハァ これでも魚影が薄い方と言ったら皆さんもっと驚くのではないでしょうか? 凄い時にはバラクーダ、キンセンフエダイ、ホソヒラアジの大群で、視界が0になる時もあるのです。

メインのピナクルからちょっと離れていることもあり、流れがあると「シークレット」には行けません。 また、ガイドのレベルによってはコンパスで位置を当てれないため、その場合も「シークレット」へ行けません。 しかし流れもなく、透明度も良く、信頼できるガイドが同伴してくれる場合には、是非とも「シークレット」へ連れて行ってもらうようお願いをしてみてください。

必ずしやあなたの心に残るダイビングスポットとなることでしょう。