東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

タオ島のダイビングポイント

20140330_1 バブルリング@チュンポンピナクル[/caption]

タオ島のダイビングスポット

タオ島には以下のようなダイビングポイントがあります。

  1. チュンポンピナクル
  2. サウスウェスト
  3. ツインズ
  4. ホワイトロック
  5. グリーンロック
  6. マンゴーベイ
  7. アオルーク
  8. シャークアイランド
  9. ジャパニーズガーデン
  10. ヒンウォンピナクル
  11. セイルロック

1~4までが特に有名で、ほぼ毎日ダイビングできるポイントです。 もちろんこれ以外にもダイビングスポットはありますが、まずは有名なスポットを挙げさせて頂きました。

方角別にダイビングポイントを分けると以下のようになります。

タオ島北&西方面

チュンポンピナクル ツインズ ホワイトロック グリーンロック マンゴーベイ ジャパニーズガーデン

タオ島南&東方面

サウスウェスト アオルーク シャークアイランド ヒンウォンピナクル セイルロック

20140330_2

タオ島のダイビングポイント

タオ島でダイビングをしていると、よく「外洋(ポイント)」という言葉を聞きます。 この「外洋(ポイント)」とは、チュンポンピナクル、サウスウェスト、セイルロックを指します。 セイルロックはGWなどの繁盛時期しかダイビングできない特別なダイビングポイントとなっています。 そのため通常はチュンポンピナクル、サウスウェストを外洋(ポイント)と言っています。

タオ島のダイビングでは毎日このどちらかの外洋(ポイント)を絡めて潜ることになります。 (ただし、ローシーズンなどの波が高い場合は外洋(ポイント)には出れません)

次回から、各ダイビングポイントの詳細を紹介したいと思います。