東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。



タオ島行きジョイントチケットの購入とカオサン通りへの行き方

サワーディカップ。 「東南アジアでダイビング」の管理人です。

以前紹介したように、バンコクからタオ島へは陸路と空路で行くことが可能です。

2016年5月現在の陸路で行く方法について、料金含め改めて最新情報を紹介させて頂きます。

カオサン通り

カオサン通り

ロンプラヤーからジョイントチケットを購入する

陸路の出発地はバンコクカオサン通りです。 カオサン発、タオ島着のジョイントチケットはロンプラヤーのHPから購入できます。 http://www.lomprayah.com/

料金は1100THBで2年前の2014年と比較すると、50THB値上がりしています。 ロンプラヤーでジョイントチケットを購入するにあたり、1点注意する事があります。 それは先日管理人がロンプラヤーのHPからジョイントチケットを購入した時に起きました。

通常は購入後に登録したメールアドレスにジョイントチケットが送付されるのですが、待てど暮らせどジョイントチケットが送付されてきませんでした。

結局、出発当日になっても送付されてきませんでした(;・∀・)<マジ

そう、ここはタイ。 こういうのは日常茶飯事・・・いちいち驚いていてはいけません。 このようなことがあっても大丈夫なように、購入直後に表示される画面は必ず印刷して下さい。 もしスマートフォンで購入した場合には、スクリーンショットでもOKです。 チェックイン時にそれらを見せれば、問題なくチェックインできます。

タオ島滞在中に出会った人も同様のトラブルにあっていたので、上記対策は必ず実施しましょう。 どうしても不安な人はブッダビューダイビングリゾートなどを経由して購入してください。 http://www.taotou.com/accessnew/bus.html

カオサン通りまではバイクタクシーが一番早い

ダサイ・・・

ダサイ・・・
多くの人はバンコク中心地からカオサン通りへの行き方に悩んでいるのではないでしょうか? カオサン通りは意外とバンコクの僻地にあるため、アクセスが非常に不便です。 またカオサン通り近辺は渋滞が酷いことで有名です。

そのためタクシーで行くにも時間がかかり、そもそも乗車拒否やメーターを使ってくれないタクシーが多いです。

そこで管理人がお奨めしたい移動法がバイクタクシー(タイ語ではモーターサイと言います)です。 カオサン通りまではBTSラチャテウィー駅が一番近いので、ここからバイクタクシーに乗ります。 料金は100THBです。

結構なスピードで車の横をすり抜けるので、ちょっと怖いかもしれませんが、10分程度でカオサン通りに到着することができます。 通常のタクシーで同距離を移動しようすると、渋滞がひどい時は1時間以上かかります。 時間がある人であれば良いですが、あまり時間がない人は必ず10分で到着するバイクタクシーを利用しましょう。