東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

チャーン島でダイビング

透明度も魚影もいまいち

チャーン島でのダイビングは、ボートダイビングが主流です。 予約したダイビングショップが悪かったのか、ボートと言っても小型のボートでした。
ボートマスター(タイ人)、ガイド(欧米人)、管理人(日本人)の3人に加えてタンク4本積んだら、船上に空きはありませんでした(笑)。

ホワイトサンドビーチよりも南にある港から出港し、外洋に20分程度行ったところが一本目のエントリーポイントです。 心ワクワクでエントリーしたのですが、透明度は5mパタヤよりも良いかな?という印象でした。

20131207_2

うーん、透明度いまいち・・・・

加えて、魚影もそんなに濃くありませんでした。 管理人的には、ハシナガチョウチョウオとイエローバンドフュージュラーやキンセンフエダイの群れが見れたのが良かったです。 ただ、この群れもタオ島に比べると規模はかなり小さいです。

20131207_3

20131207_7

20131207_6

20131207_5

費用対効果が悪すぎる

2本目は1本目からさらに外洋に行ったダイビングポイントだったのですが、

海の中としては1本目と変わり無しでした(´・ω・`)

一緒に潜ったガイドは特に魚を探してくれるわけでもなく、海の中ではほぼ自由行動・・・ これで2500THB(7500円)はやっぱり高いですね。

コストに対して全然ダイビングの内容が釣り合っていません。 おそらくチャーン島でダイビングすることは、もうないと思います(;´Д`)