東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

マナド旅行記1.バンコク→バリ島へ

504

ドンムアン空港の搭乗ゲート前

  ※マナド編はいつも異なり、旅行記風に書いています 4/12(Sun)    BKK >> DPS

今回インドネシアへ行くに当たり、航空会社はAirasiaを使用しました。 料金は10138THB(約35000円)でした。 もちろんこの料金は片道ではなく往復の航空券です。 この金額を見て安いと思ったあなた!!

まだ甘いです!!

今回は予約時に以下のオプションを付けたため、通常料金よりも高くなっています。 ・座席指定 ・預ける荷物の重量を20KGへアップグレード

また、今回はプロモーションを使わず予約したため、航空券自体が高めとなっています。 プロモーションを使えば、バリ島まで往復6000THB(約21000円)で行くことが可能です。

東南アジアで安くダイビングするために、LCCは必要不可欠なサービスです。

ドンムアン空港

朝6時に起きタクシーでドンムアン空港へ。 現在Airasiaはスワンナプーム空港ではなく、ドンムアン空港で就航しています。

空港到着後、Airasiaのチェックカウンターへ。 ソンクラーン(タイ旧正月)時期なので混んでいるかと思いきや、ガラガラでした(;^ω^)

Airasiaを使う時、管理人は基本手荷物を預けません(預けない方が安いので)。 しかし今回は、水中カメラやストロボなど結構な器材があったため預けました。

503

イミグレーションを済まして、搭乗ゲートに向かうのですが、これがすごい遠いです。 1kmくらい歩かされるのではないか?というくらい歩きます。 LCCが就航している空港なので、もちろん歩く歩道なんてありません。

今回は以下のフライトを利用しました。 QZ 521    出発 11:30 - 到着 17:00

バンコク→バリ島のフライトはこれ以外にも、早朝発・日中着というフライトもあります。 時間を有効に活用したい方は、こちらの方のフライトが良いと思いますが、料金もその分少しUpします。

バリ島到着

バンコク→バリ島までは、約4時間のフライトです。 仕事柄よくバンコク~日本を往復しているのですが、それに比べたらとても短く感じます。

ちなみに今回の旅行では、飛行機を多く使うことが分かっていたため、暇つぶし用にKindleを購入しました。

これを購入するまでは、分厚い本を一緒に持ち歩いていたのですが、今はKindleだけです。 軽いし、バッテリーの持ちもかなり良いので、海外旅行好きな人は絶対購入しておきましょう。 間違いなく必須アイテムです。

デパンサール国際空港に到着後、Arrivalビザを取得します。 インドネシアでは日本人でも、ビザが必要となります。 (ちなみにタイ人はビザ不要です(;^ω^)) Arrivalビザと言ってもなんら難しいことはありません。 US35$を支払ってパスポートにシールを貼ってもらうだけです。

イミグレーションを通過して、手荷物を受け取り、ATMでインドネシアルピアを入手しました。 現地通貨の入手方法はいくつかありますが、管理人は昔から新生銀行の国際キャッシュカードを使っています。

インターナショナルキャッシュカード http://www.shinseibank.com/atm/riyou_kaigai.html

これまで韓国、マレーシア、ドイツ、フィリピンなど訪れていますが、このキャッシュカードだけで十分でした。 もし持っていない方は、これを機会に作ってみてはいかがでしょうか?

安宿街(ガンポピーズ)へ

空港のPublic Taxiのカウンターで100,000ルピア(約900円)を支払い、クタ市内へ。 バリ島へはこれまでにも何度か来ているので、それなりに勝手が分かっています。 安宿が密集しているガンポピーズ1で降ろしてもらい、飛び込みで空いている宿を探しました。

最終的に決めたホテルの料金は以下の通りです。

エアコン部屋  270,000ルピア(約2400円) ファン部屋      180,000ルピア(約1700円)

5年間前は、エアコン部屋でも200,000ルピアで宿泊できました。 バリ島も少しずつですが、物価が確実に上がっています。

荷物を置いて、バリ島到着後の初めての食事へ出かけました。 初日はガンポピーズ1にある「シークレット ガーデン」というレストランにしました。 オープンテラスであまり綺麗なレストランではありませんが、まぁ管理人はビールが飲めればどこでもOKなのでここにしました(;´Д`)

509

インドネシアと言えばビンタンビア

508

景色はタイと変わらない

手羽先とナシゴレン、ビール3本頼んで207,000ルピア(約1900円)でした。 通常、管理人はタイに住んでいるわけですが、レストランの料金的にはタイと全く遜色ないですね。

この日は特に夜遊びすることもなく、このまま宿に戻って就寝でした(;´∀`)<ツカレ