東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

マナド旅行記5.ブナケン島到着

※マナド編はいつもと異なり、旅行記風に書いています

ブナケン島は港といえる港はありません。 船を砂浜ギリギリまで近づけ、木板を渡して船から降ります。 木板が短く足が濡れるのは必須のため、短パンにサンダルなど濡れても良い服装で行きましょう。

ブナケン島に到着したのは16:00頃です。 今回はAgodaを通してブナケン ダイバーズ シー ブリーズ リゾートというホテルを予約しています。

※注意事項 後ほど紹介しますが、管理人はこのブナケン ダイバーズ シー ブリーズ リゾートに宿泊したことを後悔しています。もしブナケン島でホテルを探している場合には、他のホテルにすることをお勧めします。

船場からブナケン ダイバーズ シー ブリーズ リゾートまでは歩いて10分程度です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この道を進んで・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

右手の椰子の木の中を進んでいくとブナケン ダイバーズ シー ブリーズ リゾート

 

ブナケン ダイバーズ シー ブリーズ リゾートは海沿いにあるホテルのため、眺めが良いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホテルの中はこんな感じで階段ばっかり

 

ブナケン島内を探索

初めて来たブナケン島なので、ちょっと島内を探索してみました。 道は簡易的な舗装しかされておらず、道幅も車一台分しかありません。 また、東南アジアでは良くある光景ですが、至るところに家畜が放し飼いされています。

一言で言うと、

The 田舎(*´Д`)

海岸へ通じる道

海岸へ通じる道

ブヒッ

ブヒッ

コケコッコー

コケコッコー

メェー

メェー

 

海岸沿いに向かいます。 砂浜にはゴミが散乱しており、あまり綺麗ではありません。 しかし、海の透明度は目に見えてすごいです!

砂浜はそんなに綺麗ではない

砂浜はそんなに綺麗ではない

透明度は抜群

透明度は抜群

 

ピンク色の教会

ブナケン島のシンボルとも言われる、ピンク色の教会へ向かいます。 管理人は建築物や遺産系には興味がないので、特に何も感じませんでした(;・∀・)<イマイチ

遠くからでも目立つ

遠くからでも目立つ

かわいい建築物ではあるが・・

かわいい建築物ではあるが・・・管理人は興味なし

 

ビーチロードを南下して、何かおもしろい物がないか探したのですが、特に何もありませんでしたorz

メインのビーチロード

メインのビーチロード

コンビニはなし

これがコンビニ代わり

島内探索を終え、ホテルに戻る頃には日が落ちてきました。 ブナケン島から見る夕日はとても綺麗でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いよいよ明日からメナドの海でダイビング開始です!