東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

レンボンガン島(インドネシア)のダイビング事故

皆さんもご存知の通り、バリ島近くのレンボンガン島でダイビング事故が起きました。 NAVERまとめにまとめられていたので転載します。

バリ島【奇跡の生還も…】不明の邦人女性ダイバー〈1人の遺体発見〉
http://matome.naver.jp/odai/2139019557946442201

最初はダウンカレントに巻き込まれたなどの情報がありましたが、どうやら浮上後に船と合流できなかったのが一番の原因ようです。

↓絶対に遭遇したくないダウンカレント


バリ島近辺は流れが強い

管理人もバリ島近辺でダイビングしたことがありますが、流れは確かに強かったです。 一緒に潜った欧米人がエントリした瞬間に流されてしまったため、管理人は水中で岩にしがみついて待つよう指示され、ガイドが流された欧米人を助けに行ったことがありました。

ドリフトダイブはスピード感のあるスポーティーなダイビングです。 ただし、その分危険も伴います。 流れの速いところではいとも簡単に1km以上流されてしまい、ボートマスターが想定しているExitポイントを大きく逸脱する可能性があります。

今回、5人が近くの岩場に緊急避難できたのは、本当に幸運な事だったと思います。 このような事故が2度と起きない事を心から願います。