東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

東南アジアでダイビングライセンスを取得する際のお奨めな国と場所

滞在費が欧米諸国に比べ安いという理由で、ラインセンス取得は東南アジアにしよう!と考えている人は多い。 そこで今日は、管理人がお奨めする「ライセンス取得に適した国&地域@東南アジア」を紹介したと思う。 以下のような人は是非とも参考にしてみてください。

  • 安くライセンスを取得したい人
  • 海外でライセンスを取得したいと人
  • リゾート気分を味わいながらライセンスを取得したい人
  • OWからAOWなどワンランク上のライセンス取得を検討している人
20160221_1

お奨めできない国

お奨めの国を紹介する前に、まずはお奨めできない東南アジア諸国を紹介しましょう。 日本から東南アジアへ行くことを考えた場合に、アクセスしにくい国が2つあります。

それがマレーシアインドネシアです。

マレーシアにはシパダンインドネシアにはバリ島マナドなどの綺麗な海があるのですが、いかんせ遠いです。 シパダンはクアラルンプールで乗り換えが必要です。 マナドはシンガポール、もしくはジャカルタで乗り換えが必要です。 飛行機だけで14時間以上の移動になる上、さらに空港から現地までの移動も数時間単位で時間を要します。

マレーシアインドネシアは移動だけでクタクタになるので、管理人としてはお奨めしません。

お奨めの国①:タイ

評価観点 評価結果
ライセンス取得価格
アクセス性
物価
料理のおいしさ
夜遊びスポット
透明度
魚の種類

9800バーツ(約3万円)でオープンウォーターのライセンスを取得できます。

総じて悪い点がないのがタイです。

GWやお盆休みを利用してライセンスを取得するのであれば、タオ島がお奨めです。もし正月休みを利用してライセンスを取得するのであれば、ピピ島がお奨めです(タオ島ピピ島のハイシーズンは真逆となるので注意してください)。 タオ島バンコクからサムイ経由で行くことが可能、ピピ島プーケット経由又はクラビ経由で行くことが可能です。

タイで特筆する点は、なんと言っても料理がおいしいことです。 お酒好きな人であればコームーヤーン、女性ならばカオニャオマンムアンなど是非とも食べて頂きたいですね。

タイは夜遊びスポットも充実しています。 タオ島にはプールバー(ビリヤード)からニューハーフショーまで夜遊びスポットが全て揃っています。 夜遊びで困ることは全くないことでしょう。

タオ島で有名な魚と言えば、やはりジンベイザメです。 タオ島へGWに行けばライセンス取得中(海洋自習中)にジンベイザメに遭遇!?なんてこともありえます。 ジンベイザメ以外にも、バラークーダやハナビラクマノミ、ギンガハゼなど多種多様な魚を見ることができます。

お奨めの国②:フィリピン

評価観点 評価結果
ライセンス取得価格
アクセス性
物価
料理のおいしさ
夜遊びスポット
透明度
魚の種類

20,500ペソ(約4万5000円)でオープンウォーターのライセンスを取得できます。

フィリピンでお奨めしたい場所は、セブ島パングラオ島です。 閑静なビーチが好きな方は、パングラオ島へ行ってみて下さい。 パングラオ島はとても静かな島ですので、気に入ること間違いありません。

セブ島へは直行便で約5時間というアクセスの良さです。 またセブ港から1時間に1本出ているボホール島行きのフェリーに乗れば、2時間でパングラオ島へ到着してしまいます。

物価はタイと対して変わりません。

一番の残念ポイントは、料理がおしくないことです。 フィリピン料理はどうも管理人の口に合わず、去年フィリピンに行った時には、唯一おいしく食べれる焼き飯ばかりを食べていました(;´Д`)

透明度も良く魚の種類も豊富なので、フィリピン料理さえ改善されれば管理人も足繁く行くのですが・・・

セブ島にはお姉ちゃんとXXXできるようなお店がたくさんあるので、そういうことが好きな方はセブ島へ行くと良いでしょう。 ただしセブ島もパングラオ島もそれ以外の夜遊びスポットはあまりないので、基本はビーチで生バンド演奏を聞きながら一杯飲むという生活になると思います。

管理人はフィリピンの中では、マラパスクワ島が一番好きです。 マラパスクア島を今回のお奨めから外した理由は、アクセスが悪いという理由からです。 セブ島からマラパスクア島への移動は一日仕事ですので・・・・・。

以上、管理人の主観で書いていますが、良かったら参考にしてください。