東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。



2016年のGWはどこに潜りに行きますか?

チュンポンピナクル近くにあるバラクーダロック

チュンポンピナクル近くにあるバラクーダロック

あと1ヶ月すればGWです。皆さんはどこへ潜りに行きますか? 管理人は以下のどこかへ潜りに行こうかと検討していました。

しかし、先ほどネットを徘徊していたところ、ocean+αヘッドラインで以下の記事を見つけました。

驚くほど寄れるハゼと濃密過ぎる魚群 ~タイ湾のちょっと変わった生態系~

もうね、こんな記事書くのやめて。 こんな記事読んじゃうと、、、、

タオ島行きたくなるじゃん!!

タイに住んでいると、いつでも行けるという安心から久しくタオ島に行っていません。 ここ数年の管理人がGWを過ごした場所は次の通りです。

GWを過ごした場所
2015年 マナド(インドネシア)、モルディブ
2014年 マラマスクワ島(フィリピン)
2013年 タオ島(タイ)
2012年 タオ島(タイ)
2011年 タオ島(タイ)
2010年 タオ島(タイ)

最後にタオ島へ行ったのは3年前ですか・・・。 改めて見るとタオ島連続で行きすぎですね(笑) ちなみに上記はGWだけを書き出しましたが、お盆や12月にタオ島へ行っている年がたくさんあります。 ※12月はタイの祝日が多い

数年前は本当にタオ島に嵌ってました。 でもそれだけの魅力がタオ島にはあります。

それでも風が弱まった時をチャンスとばかり、北にある巨大な潜れ根「チュンポンピナクル」に潜ることができた。 風の影響のせいか、透明度は10~15mとあまり良くなかったが、このポイントの魚影の濃さは圧巻だった。 バラクーダの大群が頭上を通り過ぎると、周囲が暗くなるほどの密度の濃さ。 そして、ビッシリと密集したテルメアジは、まるでアメーバのように一様々に群れの形を変えていた。 さらに他の海ではあまり見られないオニアジの群れ等、次々に現れる群れのオンパレード! 驚くほど寄れるハゼと濃密過ぎる魚群 ~タイ湾のちょっと変わった生態系~

最高だよね、チュンポンピナクル。 この記事書いた人、良い表現するなー。

いや、本当にGWどうしよう。 マジでタオ島に行きたくなってきた・・・

以上、現在大きな悩みを抱えている管理人でした。

広告を非表示にする