東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

ダイビングサイト紹介(セイルロック)

サバーイディーマイカップ? 東南アジアでダイビングの管理人です。

今日はタオ島の中でも有名なダイビングスポットである「セイルロック」を紹介したいと思います。

タオ島から南東に船で2時間行ったところにあるセイルロックは、チュンポンピナクル、サウスウェストに続きタオ島の3大ダイビングポイントに数えられています。

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

タオ島とパンガン島の真ん中くらいに大きな岩山が水面上に顔を出しているところがあります。それがセイルロックです。 大きな岩山の正体はピナクル(根)で、ピナクルのボトムの水深は40mにもなります。

毎日潜れるチュンポンやセイルロックとは異なり、セイルロックはある程度のダイバーが集まらないと潜りに行くことができません。 料金は2本で2500バーツ(タオ島発の場合)とタオ島近辺で潜るよりはお高め(タオ島近辺は1本800バーツ)なのですが、GWなどハイシーズン期間中はあっという間に予約が埋まってしまいます

もしセイルロックに潜りたいのであれば、事前にショップに連絡を取り予約をするようにしましょう。 先日、管理人がGWにタオ島に行った際にも、タオ島に来てからセイルロックを予約しようとした二人組がいたのですが予約がFull状態のため、やはりショップから断られていました

しかし、事前予約しないと潜れないか?という必ずしもそうではありません。 先ほどの断れた二人組ですが、断ったショップの日本人スタッフが他のショップに連絡を取り、たまたま空きのあったショップのセイルロックツアーにねじ込んでもらいました。

タオ島ではショップ同士が繋がっているため、他のショップのセイルロックツアーに空きがないか探してくれます。 もし空いていれば他のショップが開催しているセイルロックツアーに参加することができます。 もちろん空きがなければ参加できません。

実際、上記の二人組をねじ込んだセイルロックツアーも4時間後にはFullになり、新規予約を断っていました。 確実にセイルロックに潜るために、事前に予約をすることをお奨めします。

次回はセイルロックの魚を紹介します。
セイルロックでは↓のような濃い魚影が見ることができます(・∀・)ノ<スゴイ

f:id:kaigai-life:20160703120559j:plain