東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

サウスウェストのゴールデンウォールはどこへ行った?

サワディカップ。
「東南アジアでダイビング」の管理人です。

本日も引き続き2016年タオ島情報です。 タオ島の3大ダイビングサイトに「サウスウェスト」がありますが、今回潜ってみると大きく雰囲気が変わっていました。 数年前はサウスウェスト言えばキンセンフエダイと言われたくらいキンセンフエダイの群れており、ゴールデンウォールとして世界の果てまでイッテQでも取り上げられました。

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

しかし、2016年キンセンフエダイの群れ(ゴールデンウォール)はいませんでした(´・ω・`)
キンセンフエダイだけでなくホソヒラアジやバラクーダなど以前は多くいた魚もおらず、これではタオ島3大外洋ダイビングサイトではなくタオ島3大がっかりポイントです。

ただハナビラクマノミは相変わらず群生しています。

f:id:kaigai-life:20160717111740j:plain f:id:kaigai-life:20160717111745j:plain

安定のハナビラクマノミ

f:id:kaigai-life:20160717111748j:plain f:id:kaigai-life:20160717111750j:plain

2016年は全体的に魚影が薄いサウスウェスト

ゴールデンウォールはどこに行ってしまったのでしょうか? サウスウェストの透明度は相変わらず良いので、ゴールデンウォールがあればかなり綺麗だと思います。

引き続きサウスウェストを定点観測していこうと思います。