東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

タオ島はやっぱりすばらしかった

Facebookにも投稿しましたが、GWはタオでダイビングしてきました。

(東南アジアでダイビングのFacebookこちら

早速ジンベイザメ情報を・・・・と言いたいところですが、今回はセイルロックの情報です。 GW中に2度セイルロックで潜ったのですが、今年のセイルロックは去年と全く違う魚影でした。

セイルロックってなに?去年のセイルロックの魚影はどんな感じだったの?そんな方は去年の記事を一読ください。

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

一言で言うと去年のセイルロックは・・・

「魚の群れが半端なかった」

去年はギンガメアジバラクーダなどがこれでもかって言う位群れていました。 その時の写真は↓↓↓

f:id:kaigai-life:20170521135959j:plain f:id:kaigai-life:20170521140007j:plain f:id:kaigai-life:20170521140010j:plain

今年もこんな魚影が見れると思ってセイルロックに参戦したのですが、そこに居た魚の群れは去年と異なる魚でした。 なんの魚が群れていたかというと

ツバメウオの大群(;゚Д゚)<スゴイ

f:id:kaigai-life:20170521140611j:plain f:id:kaigai-life:20170521140620j:plain f:id:kaigai-life:20170521140626j:plain

ツバメウオの群れ以外、つまり昨年見ることができたシェベロンバラクーダやギンガメアジの群れは見れませんでした。 しかし、それを差っ引いてもこのツバメウオの群れは圧巻です。管理人はこれまでに600本近く潜っていますが、こんなにツバメウオが群れているダイビングポイントを見たことがありません。

管理人的にはこのツバメウオの群れを見るだけでもセイルロックに来た甲斐があるのですが・・・・こんなセイルロックにこの後ジンベイが登場します(* ´艸`)クスクス