東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

マラパスクア島のダイビングサイト紹介(マンタポイント)

これまで以下のようなダイビングサイトを紹介してきました。 ・モナドショール ・ガト島 ・キムドショール ・ドナマリリンレック ・カランガマン

そして今回、マラパスクア島のダイビングサイトとして最後に紹介するのは「マンタポイント」です。 なぜこのポイントを最後に紹介することにしたかというと・・・・特に深い意味はなく管理人が一番最後に潜ったダイビングサイトだからです。

このマンタポイントですが、今回管理人が利用したダイビングショップでは、モナドショールと区別してこのように呼んでいましたが、他のダイビングショップではモナドショールの一部として呼ばれているところもあるようです。 というのもこのマンタポイントは、モナドショールの近くにあるためです。

そのためモナドショールと似たような地形になっております。 水深も余裕で30m以上ありますので、深度管理には気を使った方がよさそうです。

ここで見られるマンタですが、以下の3種類です。 ・Manta Ray(マンタ) ・Devil Ray(イトマキエイ) ・Eagle Ray(トビエイ)

管理人が見たのはDevil Rayでした。 残念ながら他のRayは見れませんでした。

4-IMG_1542

5-IMG_1543

6-IMG_1544

7-IMG_1545

8-IMG_1549

1-IMG_1535

2-IMG_1540

3-IMG_1541