東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。



タオ島で郊外に宿泊してみたら想像以上に良かった話

4月にタオ島へ行ってきたことを前回の記事で紹介しました。

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

管理人はタオ島でダイビングする際、ダイビング後の利便性を考えて常にダイブショップに併設されている宿を使っています。

  • 宿泊料金に対してダイバー割引が適用される
  • 宿泊料金とダイビング料金を一括清算できて楽
  • 利便性

利便性を具体的に言うとカメラ器材の運搬です。管理人はカメラとストロボしか持っていないのですが、それでもベースやアームなどを入れると総重量は1.5kgにもなります。

この重量を遠く離れた宿へ毎度運搬するのは正直ちょっと面倒(;´∀`)

総重量が余裕で5㎏を超えてくるガチの水中カメラ勢にこんなこっと言ったら怒られそうですが、やっぱり面倒なものは面倒なんですよ・・・

併設宿が空いていない

3月下旬にダイビングショップの人に併設されている宿の手配(4/9-4/14)をお願いしていました。管理人が今回利用したダイビングショップはバンズダイビングリゾートです。

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

宿泊日が4/9に対して宿の手配が3月下旬って手配遅すぎない?

というコメントが付きそうですが、これまでも1週間前に予約をお願いしても普通に手配できていた(予約をできなかったことはな)ので、今回も特段心配していませんでした。

しかし、事件は旅行の10日前に起きました。ショップから1通のメールが・・・・・

満室で部屋を手配できません

f:id:kaigai-life:20210504182649p:plain

10年近くタオ島へ通い続けてるけど、こんな事は初めてです(;・∀・)<ハジメテ

コロナ禍で宿泊施設が閉鎖されている一方、近年タオ島へ旅行するタイ人が増えているため、このような状況になってしまったそうです。

空いている宿は郊外のみ

満室と連絡を受けて、すぐに自身で宿を手配しようとしたのですが、

主要な宿は全て満室orz

管理人がいつも使っているホテル予約サイト

サイリーエリアはほぼ全滅。サイリーエリアでまだ予約できる宿もあるにはあったのですが、口コミ評価が悪くとても予約する気にはなりませんでした。

最終的に管理人が出した答えは

郊外の宿に泊まる

デメリットはバイクでカバー

もうこの時になると中心地からどれだけ離れていても安くて小奇麗な部屋を探すようにしていました。利便性はバイクをレンタルすることでカバーして、最終的に以下のようになれば良いと考えていました。

郊外の宿泊費 + バイクレンタル代 < ダイビングショップ併設の宿代

で、見つけた宿がこちらです。

Good Dream

実際に泊まってみた感想

3階のエアコンルームに泊まったのですが管理人には十分すぎるほど良いお部屋でした。

f:id:kaigai-life:20210504185148j:plain
室内
f:id:kaigai-life:20210504185155j:plain
ベランダからの景色

室内にはカメラなどを乾かせるようなスペースもあり、とてもダイバーにとって使いやすい部屋になっていました。ベッドメイキングもフロントに言えば毎日やってくれますし、コーヒーや紅茶、水なども毎日補充してくれます。

何気に食器類が備え付けられているのもうれしいです。テイクアウトした時にこれらの食器類が大活躍しました。

これで1泊750THBとは激安ですね

確かにサイリーまでは距離があるので、バイクなしでの宿泊は難しいですが、レンタルバイク代150THBを入れても合計900THBであり、総合的に見るとコスパはかなり良いです。

総じて悪い点はありませんが、敢えて2つほどこのホテルの悪い点を紹介します。

コンセントの形状

部屋に備え付けられているポットのコンセントの形状がアース付きタイプにもかかわらず、

部屋内のコンセントは全て二口タイプ

という、まるでコーヒー飲むなと言わんばかりの嫌がらせがありました(;´・ω・)

f:id:kaigai-life:20210504190530p:plain
アース付きコンセントが挿せない

まぁ管理人は一人旅の場合は延長ケーブルを常に持って行くので、全く問題ありませんでしたけどねw

椅子がない

机でちょっとした作業や食事をしたかったのですが椅子が備え付けられていませんでした。ソファもありますが、机の高さよりも低いため机とセットで使う椅子の代用にはなりませんでした。

滞在中に何度かテイクアウトしたのですが、いつも床に座って食べていました。

まとめ

今まではかならずダイビングショップに併設されている宿に泊まっていましたが、総合的なコスパが高いので郊外に宿泊するのも全然ありですね。

コロナ禍のタオ島への往路・復路の様子

f:id:kaigai-life:20210423190859j:plain

ソンクラーン(タイの旧正月)は7泊8日でタオ島へダイビングトリップしてきました。コロナでどうなることかと思いましたが、県外移動禁止などの措置も出ていなかったため、計画通り決行しました。

1年半ぶりのタオ島だったのですが、今のタオ島は管理人が知っているタオ島ではありませんでした・・・

バンコクからタオ島

タオ島へはいつものようにロンプラヤのジョイントチケットで向かいました。

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

そして当日、バスが出発するカオサン通りへ行くと・・・・

f:id:kaigai-life:20210420201308p:plain

f:id:kaigai-life:20210420195244j:plain

f:id:kaigai-life:20210420201600p:plain

まだ19時だというのに、カオサン通りは真っ暗でした。

その後、ロンプラヤオフィスへ移動。 コロナ禍ということもあり、体温計測とアンケートに答えた後にチェックインするルールになっていました。

f:id:kaigai-life:20210420195254j:plain
ロンプラヤオフィス

その後はいつもと同じバスに乗り、チュンポンまで移動。旅行者は結構多く、私が見た限りですがバス3台が用意されていました。

f:id:kaigai-life:20210420202614p:plain

朝方5時過ぎにチュンポンに到着、しばらく待ってフェリーに乗船。

皆さんはロンプラヤフェリーの2階にVIP部屋があることを知っていますか?100THB(約300円弱)を追加で支払うだけで

へアップグレードできます。管理人は積極的に使うようにしています。

f:id:kaigai-life:20210420203015j:plainf:id:kaigai-life:20210420203011j:plain
VIP部屋

通常はVIP部屋に座っていると、タイ人スタッフが集金にくるのですが、

今回はなぜか来ず(;・∀・)<コナイ

結局100THBを払うことなく、VIP部屋でタオ島までの道のりを快適に過ごしました。

タオ島の様子

タオ島へ到着して管理人の第一印象、

旅行者メッチャおる(;´∀`)

意外でした。バンコクで多くの新規感染者が発生したため、危険なバンコクにいるよりは・・・・・ということで、タオ島へ避難してきたタイ人も多かったようです。

実際ダイビングショップの人に聞いたのですが、タイ人のダイバーが多すぎてタイ人ガイドの数が全然足りていないそうです。このため、ブリーフィングだけはタイ人ガイドがして、水中のガイドはファランがガイドするという、ちょっとトリッキーなことが起きていました。

タオ島からバンコク

帰りはサムイ経由の飛行機(バンコクエアウェイズ)でバンコクへ戻りました。タオ島からサムイ島への移動はロンプラヤのいつものフェリーと思っていたら、

f:id:kaigai-life:20210419195942p:plain
想像してたフェリー
f:id:kaigai-life:20210419195659p:plain
実際のフェリー

小さっwwwwwww

いくらタイ人の旅行者が多いとは言え、コロナ前の外国人旅行者と比べたらまだまだ少ないようで、サムイ島までのフェリーは小型船でした。

飛行機も例に漏れず、バンコクエアウエイズの機体はいわゆるプロペラ機でかなりこじんまりしてました・・・(;´・ω・)

まとめ

コロナ禍の2021年ソンクラーンタオ島への往路・復路の様子

  • カオサン通りは死んでる
  • ロンプラヤはコロナ対策をしながら運航中
  • タオ島にはタイ人旅行者がとても多かった
  • タオ島からサムイ島へのフェリーは小型船
  • サムイ島からバンコクまでの飛行機はプロペラ機

早くコロナが解決して欲しいですね(;´∀`)

ツイッターアカウントを作りました

東南アジアでダイビング専用のツイッターアカウントを作りました。アカウント名は以下になります。 ダイビング関連やブログの更新情報を呟きますので、フォローをお願いします!

@SouthEastAsiaDe

twitter.com

タオ島へ行ってきました

タイは先週ソンクラーン(タイの旧正月)でお休みでした。管理人はこの休みを利用して7泊8日でタオ島へダイビングトリップしてきました。

f:id:kaigai-life:20210419172517j:plain
タオ島の有名ポイント、サウスウエストピナクル

最後にタオ島に行ったのは2019年8月で、約1年半ぶりのタオ島だったのですが、

コロナにより島は激変(;´・ω・)<タイヘンダヨ

いやー、もう本当にびっくりするくらい変わっていました。 このあたりの情報を今後数回に分けてブログに書いていきますので、よろしくお願いします。

また今回は

  • 往路はバス、復路は飛行機
  • サイリービーチ郊外のホテルに滞在
  • タオ島でクライミング
  • 先日購入したTG-6の試し撮り

など、いつもとは違うこともたくさんやってきたので、そのあたりも紹介していこうと思います。

新しい水中カメラ(TG-6)を購入!

f:id:kaigai-life:20210401200544j:plain

カメラが壊れた

事件は今年の年初に行ったピピ島で起こりました。

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

最終日の最後のダイビング中、カメラから突然の異音がしました。 ハウジングを覗いてみるととそこにはレンズが出っぱなしのカメラが・・・( ノД`)シクシク…

水中で何度も電源ボタンを押したのですが、一向にレンズが収まる気配はありません。

陸に戻りハウジングからカメラを取り出してみると・・・・

ご臨終です(´Д⊂ヽ

このカメラはCANON PowerShot G12で、2010年10月7日に発売されました。 新品で購入したので、もう10年以上使っていたことになります。

10年も使っていたら壊れても仕方ないですね・・・。

新しいカメラはTG-6

ダイビングにカメラを持って行かないなんて、

柱がいない鬼滅の刃

領域展開のない呪術廻戦

のようなものです。

つまり、おもしろさ半減ってことですよ(;´∀`)<ツマラン

速攻で新しいカメラを購入することにしました。実は数年前から「次に買い替えるならあのカメラにしよう」と心に決めたカメラがありました。それは、

オリンパスのTシリーズ

です。

というのも、ここ数年、旅先で出会ったダイバーからの評判がムッチャ良かったんですよ。 これまで管理人はSonyCanonのカメラしか使ったことがありませんでしたが、そんなに評判が良いのならと、勇気を出して初めてのオリンパスに買い替えることにしました。

オリンパスのTシリーズは直近だと次の2つのモデルあります。

  • TG-5(2017年モデル)
  • TG-6(2019年モデル)

大幅に安くなっていたらTG-5を購入しようと思いましたが、新品も中古もあまり安くなかったので、結局は最新のTG-6を新品で購入しました。

もちろんカラーはレッド(・ω・)<コレシカナイ

キタ―――(゚∀゚)―――― !!

本当は日本で買った方が安いので、次回日本へ出張に行った際に買いたかったのですが、このコロナ禍なので仕方ありません。結局管理人はShopeeでカメラもハウジングも購入しました。

ストロボが装着できない!

届いたカメラとハウジンを組み立て、ストロボを付けたようしたのですが・・・・・

_| ̄|○<装着できないYO

正確に言うと、ストロボとハウジングを繋ぐ光ケーブルが、ハウジング側に挿さらないのです。管理人のストロボはINONのZシリーズなのですが、どうやら変換コネクタを咬ませなといけないようです。

しかし、この変換コネクタが曲者でした。日本なら楽天Amazonなどで簡単に手に入る変換コネクタが、いくら探せど

タイで扱っているお店がない(;・∀・)<ドコニモナイ

次のダイビング旅行まで1ヵ月を切り時間もありません。 こうなったら日本にいるママに緊急対応をしてもらうしかありません( ノД`)シクシク…

f:id:kaigai-life:20210401193008p:plain

楽天で注文し、実家に届いたら、普通郵便でタイの自宅へ送付。 母が英語で書いた管理人の自宅宛先は案の定間違っていましたが、無事入手することができました。

タオ島で試し撮り

ソンクラーン(タイの旧正月)休暇はタオ島へ行く予定です。タオ島ではギンガハゼのようなマクロからジンベイザメのようなワイドまで何でも楽しむことができます。

TG-6だとどのような写真になるのか、色々試して見ようと思います。

お願い

TG-6のおススメの設定や神設定を知っている方がいれば、是非教えてくださいm(_ _ )m

〇〇を見たいならピピ島へ急ぐべし

f:id:kaigai-life:20210223182525j:plain

タイトルをもったいぶって書いてみましたが、特に深い意味はありませんwww

〇〇に入る文字は

レオパードシャーク

です。

ピピ島で一番有名な魚と言えば何と言ってもレオパードシャークだと思います。レオパードシャークはピピ島で潜ればほぼ確実に見れることで有名で、管理人も例にも漏れず10年前に初めてピピ島を訪れた目的はレオパードシャークを見ることでした。そして実際に何度もレオパードシャークを見ることができました。

10年前はね・・・・

今まさにピピ島へのダイビング旅行を検討している人で、レオパードシャークを見ることを一番の目的としているのであれば、今すぐピピ島へ行った方が良いです。

f:id:kaigai-life:20210218191844j:plain
ピピ島で見れるレオパードシャーク

遭遇確率が減っているらしい

結論から先に言いますと

近年、レオパードシャークを見れる確率が下がってきているそうです

確かにこれは身をもって感じました。というのも、10年前にピピ島を訪れた際は、毎日のようにレオパードシャークを見れたので、

最後の方は飽きた(´・ω・`)<モウイイ

そんな記憶が管理人には残っています。しかし、今年の年始にピピ島で潜った際には

11本潜って遭遇したのは1度だけ( ノД`)シクシク…

その時の動画がこちらです。

ビダノックの東側の水深25mのところにいました。たまたま水中ですれ違った外国人ダイバーがハンドシグナルで教えてくれたため、見ることができました。

ダイビングショップの人に聞いたところ、昔と比べて見れない時も多く近年ではレオパードシャークに出会えたらラッキーという状況になりつつあるそうです。

管理人が利用したダイビングショップはこちらです。 southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

絶滅危惧種に指定されている

気になったので帰ってから調べたところ、なんとレオパードシャークは絶滅危惧種に指定されていました。カテゴリーは絶滅危惧IB類(Endangered:EN)で、これはジンベイザメと同じカテゴリーになります。マンタやホオジロザメがワンラク下のカテゴリーですので、これらよりも絶滅する可能性が高いことを示しています。

www.iucnredlist.org

まとめ

絶滅危惧種だからと言ってすぐにいなくなることはないでしょう。でも逆を言うと、いついなくってもおかしくないということです。 レオパードシャークに会いたいなら、早めにピピ島へ訪れることをお奨めします。