東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

タオ島のダイビングサイト紹介(ツインズ) ~ゴビーズ天国~

タオ島のダイビングサイト紹介(ツインズ) ~ゴビーズ天国~

ツインズで一番良く見られ、ダイバーに人気のある魚はハゼです。 ツインズは別名ゴビーズ天国(ハゼ天国)と言われほど多様多種のハゼが生息しています。

今日はそんなハゼ達を紹介します。

・ギンガハゼ 1-DSC07898 ギンガハゼはツインズのハゼで一番有名なハゼです。 黒と黄色の個体が生息しています。 ツインズのギンガハゼはダイバーに慣れているため、かなりの近距離で見ることができます。 名前の由来は顔の斑点が銀河のように見えることから名づけられました。

日本ではレアなギンガハゼですが、ツインズでは飽きるほど生息しています(笑) ギンガハゼが見たいダイバーは是非ともツインズに潜りましょう!

・レッドマージンシュリンプゴビー 2-IMG_0226 ギンガハゼとは違い、縞模様が特徴です。 写真は光量が足りず、分かりにくいですが本来は背ビレの縁は赤色です。 この写真では黒く写ってしまっています。

・ブチハゼ 1-IMG_0248 名前はブチハゼとあまりかっこよくありませんが、なかなかかわいい顔をしているハゼです。 ちょっと警戒心が強いですが、ギンガハゼがほとんどを占める領域にポツンといたりします。

この他にも管理人がツインズで見たハゼはたくさんいます。 ちょっと写真が見つからなかったので、他のサイトから引用して紹介したいと思います。

・メタリックシュリンプゴビー 20141101_1 引用元:FLOGFISH.JP とってもかっこいい名前を持つメタリックシュリンプゴビーは顔も素敵!!

・フタホシタカノハハゼ 20141101_2 引用元:WEB魚図鑑 ギンガハゼに似ていますが、背ビレに斑点がないで見分けることは簡単です。

これらのハゼはツインズでは確実に見ることができます。 ハゼ好きダイバーにはツインズは垂涎のダイブサイトであること間違いなしです。