東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

チャーン島の魅力とお得情報

f:id:kaigai-life:20160904133333j:plain

滝めぐり

チャーン島に来たら是非とも滝めぐりをしてください。 チャーン島には大小含め5箇所以上の滝があります。

その中で一番有名な滝はKlongPluWaterFallで、入り口にバイクを置いて、歩いて滝に向かいます。 原生林が残る大自然浴を堪能しつつ、滝に着く頃にはタイの暑さで汗だくになっていると思います。

そして、そのまま滝へダイブ~
これ、相当気持ちいいです(笑)

このKlongPluWaterFallですが、入り口で入場料を払わなければなりません。 注意点としては、外国人料金が設定されているということです。 タイ人は無料ですが、外国人は200THB(600円)を支払う必要あります。 たまにこれで揉めている外国人がいるので、これを読んだ皆さんは仕方ないモノと思って素直に200THB支払って下さい。

↓KlongPluWaterFallの動画です。

余談ですが、メインビーチロードからKlongPluWaterFall方面へ曲がるコーナーに象舎があります。 怖いぐらい象がいっぱいいますので、滝めぐりついでにちょっと鑑賞するのも面白いと思います。

島内の移動手段

チャーン島はタイで2番目に大きい島ですので、歩いて移動するには限界があります。

管理人としては、バイクをレンタルすることをお奨めします。 バイクは200THB(600円)でレンタルできます(ガソリン代は別途自己負担)

一日目はメインビーチロードを南下、2日目は北上して島内一周するのも楽しいかもしれません。

夜遊び

チャーン島でも夜遊びするのであれば、ホワイトサンドビーチ周辺がお奨めです。 バービアが集まった地帯があり、ビリヤードやバービア定番のゲームをしながら夜遅くまで飲むことが可能です。 もちろん、ペイバーなども可能ですので、がんばって口説いて下さい(笑)

ペイバーやお姉ちゃんへのチップなどは、バンコクに比べると安いです。 なので、もしバンコク並みのチップをバービアのお姉ちゃんにあげたら、サービス満点間違いなしです。

チャーン島でお奨めのホテル