東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

マラパスクア島のダイビングサイト紹介(ガト島)

IMG_1795_1

ガト島のフリソデエビ親子

マラパスクア島のダイビングサイト紹介(ガト島) 本日紹介するダイビングサイトはガト島です。 管理人はニタリザメを見るためにマラパスクア島に行きました。 そのため、マラパスクア島に行く前まではモナドショールが一番興奮するダイビングサイトだと思っていました。 しかし、マラパスクア島でのダイビングを終えた今、どのダイビングサイトが一番良いかと聞かれたら・・・

間違いなくガト島と答えます!

ガト島は非常に小さな島なのですが、魚と地形の両方がとてもビューティフルなのです(笑)。 ガト島はマラパスクア島から北西に1時間ほど船に行ったところにあります。 Google Mapを見て分かる通り、非常に小さな島です。

この島のまず凄いところですが、島の下は南北に向かって洞窟になっています。 よくあるスイムスルーの洞窟ではなく、ライトを使わないといけない本格的な洞窟です。 そのためライトを消すと本当に真っ暗になります。 洞窟は10分程度で抜けれますが、上が完全に塞がれているケーブダイビングとなりますので、ハラハラ感は半端ありません。

ケーブダイビング(洞窟ダイビング)は大変危険です。 通常はレクリエーションダイビングでは推奨されていないダイビングです。 OW(オープンウォーター)ライセンスでは大変危険ですので、必ずAOW(アドバンスオープンウォータ)以上のライセンスを取得してから行くようにしてください。

洞窟を抜けると、緩やかなスロープになっており、そこには珍しい魚がいっぱいいます。 キャットシャーク、ホワイトチップシャークなどの中物から、ピグミーシーホースカエルアンコウ、ゴーストパイプフィッシュなどのマクロまで様々な魚がいます。 (魚については次回紹介したいと思います)

マラパスクア島で潜っていると、ぶっちゃけ3日目くらいからニタリザメよりもガト島の方が楽しくなります。 ニタリザメに飽きてしまう一方で、ガト島は行けば行くほど新しい発見があるからです。

20140607_1

ガト島の外観

20140607_2

ケーブダイビングの始まり

20140607_3

ガト島の外観