東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

モルディブで安くダイビングするには

鳥もたたずむモルディブのビーチ

鳥もたたずむモルディブのビーチ

こんばんわ。 「東南アジアでダイビング」の管理人です。

前回はモルディブのダイビング料金について書きました。

前回1点程書き忘れてしまったので補足します。 インターネットに転がっている料金情報ですが、多くの情報は古く(2000年~2010年)そのまま鵜呑みのするのはかなり危険です。 その当時よりも物価は上がっているので、ただの参考程度にしておいた方が無難です。

料金が高いので、モルディブでのダイビングは控えめに・・・というのが管理人の結論ですが、 どうしてもモルディブでたくさん潜りたい!!という方もいるこでしょう。

そんな方には、以下がお奨めです。

無制限ダイビング

ある条件を満たした人であれば、1日に何度でも潜って良いです・・というのが無制限ダイビングです。

 無制限ダイビングとは? タンクの本数に制限をつけずに潜らせてくれる、ダイビングショップのサービス体制のこと。 By Weblio

無制限ダイビングへの主な参加条件は次の通りです。

  1. バディがいること
  2. ダイブコンピュータを持っていること
  3. アドバンス以上のライセンスを持っていること
  4. 経験本数○○以上

1と2はほぼ必須だと思ってください。 PADIなどの団体はバディ潜水を義務付けています。 また、無制限ダイビングでは潜水時間、深度、水面休憩時間など全てが自己責任となります。 世界の流れとして、このような管理にダイブコンピュータは必須アイテムとなっています。 3と4については、比較的条件としては緩いです。

気になる料金は?

無制限ダイビングは1日いくらとか、何日でいくらとか決まっています。 実際に無制限ダイビングができるショップの料金をみてましょう。

Prodivers http://www.prodivers.com/

料金表を見ると6日間で595$と書かれています。 これにはレンタル代やボート代が含まれていませんが、1日あたり100$(12000円)程度で潜ることができます。 例えば1日4本潜るとすると、1本あたり3000円となり、かなりお得感が出てきます。

潜れば潜るほど安くなる無制限ダイビング。 良いことづくしのように見えますが、1つ弱点があります。 それはハウスリーフしか潜れないということです。 10本潜ろうが、20本潜ろうが料金は一緒ですが、ハウスリーフしか潜れません。 ハウスリーフに飽きがて、ボードダイブしようとすると別途料金が発生します。

無制限ダイビングは、外洋ポイントに拘らず、とにかくモルディブの海を堪能したい方向けですね。

モルディブの海を眺めながら1杯

モルディブの海を眺めながら1杯