東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。



プーケットでの島内移動に朗報

f:id:kaigai-life:20180805155944j:plain
カタビーチはサーフスポットとして有名

先日サーフィンをしにプーケット島へ行ってきました。ダイビングではなくサーフィンが目的だったため、この旅自体をこのブログで紹介する予定はなかったのですが・・・・・・

ちょwwwこれは超便利すぎてやばいwwww

みたいなことをあったので、今回の記事を書くことにしました。ダイビングでプーケットに来られる方にも有用な情報ですので、是非一読ください。

プーケットスマートバスが運行開始

カタビーチ前の道路を歩いていたら、見たこともないバスが走っていました。車両前方の電子掲示板には「Phuket Smart Bus」と書かれてありました。早速ググってみると・・・・・

  • 各ビーチ間を移動可能
  • 料金が安い
  • 各ビーチから空港へ移動可能

何これ!超便利そうじゃん!

f:id:kaigai-life:20180805155936j:plain
プーケットスマートバスの車内

一番のメリット

これまで何度もプーケットへ行っている管理人が、行く度に不満に思っていたこと、それは

ビーチから空港への移動が不便

ということです。

空港→ビーチへの移動は、空港にスタンバイしているミニバスが本数も多い&安いので問題ありません。しかし、その逆であるビーチ→空港への移動は問題ありでした。

  • ミニバス
  • タクシー

各ビーチから空港へ行くためには上記2種類の交通手段があります。タクシーは料金が高いので基本NGです。空港→ビーチへ移動する場合と同じように、ミニバスを使えばと思うかもしれませんが、

  • 料金が空港→ビーチよりも高い(行きと帰りで料金違うってどういうこと)
  • 2時間30分もかかる(乗合なので色々なホテル寄るため)

正直こんなミニバス乗りたくなかったのですが、これまではこのミニバスを使わざる終えませんでした。 しかし、プーケットスマートバスが運行されたことにより、もうミニバスを使う必要なし!

今回実際に乗ってみたのですが、カタビーチから170バーツで1時間30分ほどで空港に到着しました。

安いし、早いしで大満足です!

旅行者ダイバーの活用例

プーケットへダイビング旅行へ行くダイバーを例にとって、プーケットスマートバスの活用方法を考えてみました。

プーケット国際空港に到着したAさんは、器材を受け取りプーケットスマートバス乗り場へ。ほどなくしてバスが来た。バスに乗り込みダイビング器材を乗降口近くの荷物置き場に置いて、奥へて進む。ミニバスと違い荷物置き場が広く用意されいてるのは、ダイバーとしてはうれしいところだ。

宿泊地であるカロンビーチで降車、料金は150タイバーツ(約500円)・・・・安い!翌日、一日中ダイビングを楽しんだAさんは、カロンビーチ近辺のシーフードレストランで夕食を済ませて次の日のダイビングに備えた。次の日、「折角プーケットに来たのだからダイビング以外も楽しもう」ということで、ダイビング終了後に、プーケットスマートバス でパトンビーチへ移動した。料金は50THB、これがタクシーだと400THBなので、それと比べるととても安い。パトンビーチ前のバングラロードは夜の繁華街としても有名で、実際行ってみるとその迫力に圧倒される。明日のダイビングのことを考え、カロンビーチ方面行きプーケットスマートバスの最終バスに乗り込み床についた。

次の夕方は夕焼けを見るために、プーケットスマートバスを使てパトンビーチ方面とは逆方向へ行ってみる。目的地はカロンビューポイントだ。到着するとプーケット島を一望できるそのビューポイントの壮大さに感動した。

最終日、カロンビーチから空港までの移動はもちろんプーケットスマートバス。社内のエアコンはダイビングで焼けた肌にとても心地よい。バス内は無料でWifiを使用できるので、プーケット島で今回撮影した写真をFacebookに投稿すると友達から続々と「いいね」が押された。

プーケットを満喫したAさんはまた来年もプーケットに来ようと心に決めた。

もっと知りたい人は・・・・

プーケットスマートバス」はこちら↓のブログで分かりやすく紹介されています。

www.phuket-yuruusagi.com