東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

マナド旅行記8.ブナケン島ダイビング(Timur-1、Tatol City)

宿泊したホテルを沖から

宿泊したホテルを沖から

※マナド編はいつもと異なり、旅行記風に書いています 4/18(Thu) ブナケン島滞在(3日目)

今日も朝から元気にダイビングです! 天気も晴天でなんともダイビング日和ですね。

この日の朝は引き潮だったので、小型ボート(エンジンは付いてませんが・・・)で沖に停泊しているスピードボートへ乗り込みます。 ダイビングサイトに到着するまでの間、管理人はスピードボートの屋根でまったりしてました。

 

IMG_2205

ホテル前は遠浅

IMG_2206

この小船に乗って沖にあるスピードボートへ

IMG_2212

スピードボートからホテルに向かって撮影

IMG_2217

浅瀬なので下が透けて見える

IMG_2224

ちょっと沖に出るとドロップオフのため濃厚な青

IMG_2229

一緒に屋根の上でボーっと海を眺める

IMG_2230

ポイントには既に他のホテルのダイバーが・・・・

IMG_2231

ブナケン島は本当に素敵な場所!

 

 

5本目:Timur-1

Timur-1はブナケン島東部にあるポイントです。 数字が付いてるのはTimur-2というポイントがTimur-1の南側にあるためです。

昨日までのダイビングサイトと同様で、ドロップオフのウォールダイビングです。 しかし昨日までと断然違うのは透明度です。

この日の透明度は30m以上ありました(;・∀・)<スゴイ

また久しぶりにニチリンダテハゼを見ました! ニチリンダテハゼはメナドで見たかった魚の1つだったので、とても嬉しかったです。 (管理人が最後にニチリンダテハゼを見たのは10年前のセブ島です・・・)

それでは写真をどうぞ。

IMG_2243

エントリーしてすぐにカメ

IMG_2247

カスミチョウチョウウオは相変わらずたくさん群れている

IMG_2255

ゴンズイ?マナドには多様な魚がいっぱいいる

IMG_2269

タイにはいない種類のウミウシ

IMG_2274

ニチリンダテハゼ・・・キタ━(゚∀゚)━!ー

IMG_2280

これもタイでは見たことないウミウシ

IMG_2281

ブルースポテッド

IMG_2284

リーフフィッシュかな?

IMG_2290

透明度良い( ・∀・)イイ!!

IMG_2296

浅瀬もおもしろい

 

 

6本目:Tatol City

ブナケン島東南部にあるポイントです。

名前の通りカメがたくさん群生しています。 当初、管理人は「どうせいるといっても数匹でしょ?」と疑っていたのですが、水面休息中にスピードボート上から5匹のカメを見かけました(;・∀・)<スゴイ

ただ、実際に潜ってみると、管理人は運悪くほとんどカメに出会えませんでした

IMG_2310

透明度OK!

IMG_2319

ニチリンダテハゼ1

IMG_2321

ニチリンダテハゼ2

IMG_2330

カスミチョウチョウウオすごい!

IMG_2338

カスミチョウチョウウオまじで綺麗

IMG_2345

群れまくり!

IMG_2346

(;・∀・)<スゴイ

IMG_2348

(;・∀・)<スゴイスゴイ

IMG_2381

美しすぎる

IMG_2390

こんな小物もいる

IMG_2395

水中で出会った唯一のカメ

IMG_2373

浅瀬にはスズメダイ

この時はカメよりもカスミチョウチョウウオの群れに感動しまくりでした。 ニチリンダテハゼもゆっくり撮影できて良かったです。

しかし、写真を撮るのに夢中で気が付いたら26mまで来ており、もう少しでデコるところだったのはこのダイビングの反省点です。 ドロップオフのダイビングは深度を細目にチェックしないと、物凄い深度になっていることがあるので要注意ですね。