東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。



ギリ島への行き方(詳細)

f:id:kaigai-life:20160702201509j:plain

ギリ島(トラワンガン)

ギリ島への行き方(詳細)

結論から書きますと、バリ島からギリ島へは「バスと高速ボートのジョイントチケット」による移動が一番効率が良いです。

大きな移動の流れとしてはまずはバス(又はバン)でクタからパダンバイまで移動します。 そしてパダンバイで高速船に乗り換えてギリ島を目指します。 クタ~パダンバイまでの所要時間は約1時間、パダンバイ~ギリ島までの所要時間は約3時間です。

昔は高速船といえばギリキャットしかなかったようですが、現在はBlue Water ExpressやGiliFastboatなど多くの会社がパダンバイ~ギリ島間を運行しています。 このように運行会社が増えたことにより、価格競争も起きて以前に比べるとジョイントチケットの価格も落ちてきています。

ギリ島行きのジョイントチケットは、クタなどの街中にある旅行代理店やホテルなどで予約することができます。 管理人はギリ島へ行く前日に、宿泊していた安宿(クタのガンポピーズ)近くの代理店で購入しました。 代理店と言っても立派なオフィスがあるのではなくて、路上にちょっとしたスペースに出している野ざらしの代理店で購入しました。

最初に言われたジョイントチケットの料金は300000Rp(約3000円)でしたが、すぐに2500000Rp(2500円)まで値下げしてくれました。

これからギリ島に行こうと思っている方は、このジョイントチケットを是非とも利用してみてください。 ちなみにパダンバイに行くバスですが、ちゃんと宿まで迎えに来てくれるので大きい荷物を抱えていても大丈夫です。

P.S
ギリ島やロンボク島の中継点であるパダンバイですが、実はダイビングスポットも多くあります。 パダンバイのダイビングスポットはまた別途紹介します。

広告を非表示にする