東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。



アポ島のダイビングサイト紹介~バルアルテ (Baluarte)、チャペルポイント(Chapel Point)~

前回に続きアポ島のダイビングサイトを紹介します。

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

バルアルテ (Baluarte)

バルアルテは、水底の砂地からあふれ出るキラキラした泡を見ることができるなど、島の火山が作り出したユニークな水中風景を楽しむことができるダイビングポイントです。

このエリアの地形は変化に富んでおり、潮流もほとんど無いためビギナーやフォト派ダイバーにおススメです。

エントリーするエリアには、なだらかなスロープ状の地形が広がっていて、真っ白な砂地に様々な種類のハードコーラルが一面に点在しています。

豊かで美しいサンゴに、スズメダイやカラフルなベラの仲間、パープルビュ-ティやローランドダムゼルなどが群れ、とても美しい水中の楽園を創り出しています。

f:id:kaigai-life:20190413141856j:plain
パープルビューティ

f:id:kaigai-life:20190413141959j:plain
ローランドダムゼル

また、水中生物も多く生息し、小さなウミウシクマノミ、ハゼなどのマクロ生物から、アオウミガメ、サメ、アジの群れ、バンプヘッドパロットフィッシュといった中型の魚や群れなどに出会うことができます。

f:id:kaigai-life:20190413142417j:plain
バンプヘッドパロットフィッシュ

のんびりと魚やコーラル畑を眺めて癒されるもよし、美しい水中風景や独特の景観をじっくり撮影するもよし。このポイントは楽園のような景観で、幸せなダイビングタイムとなること間違いなしです。

チャペルポイント(Chapel Point)

メインの船着き場の右側にあるポイントで、アポ島にある唯一の教会の近くにあることからこの名がつけられました。流れもなく、穏やかなためビギナー向けのポイントです。

北側のドロップオフから南のリーフ地帯に向かって壁を沿うように泳ぐダイビングスタイル(ウォールダイビング)になります。

ドロップオフにある小さなケーブではニチリンダテハゼやハナヒゲウツボといった人気の魚を見ることができ、さらに水深18mあたりにある洞窟では、カエルアンコウや捕食者から身を隠すイワシの群れに出会えることが多いです。

この洞窟はとても良い写真スポットにもなっており、天井からぶら下がるカラフルなソフトコーラル、入口付近で身を乗り出しているホホスジタルミを見ることができます。

f:id:kaigai-life:20190413144359j:plain
ホホスジタルミ

ダイビング中盤には砂地とコーラルに覆われた緩やかなスロープが現れます。そこにはカラフルな管状の海藻や指状のカイメンが、ゴルゴニアンシーフィンと共に壁を覆う印象的な景観となっています。

砂地の一角ではセイルフィン・シュリンプゴビーや餌を求めて潜むハナヒゲウツボ、次の獲物を狙うカスミアジや獲物を飲み込んだ直後のウミヘビ、大きなアオウミガメなどに出会うことができます。

南のサンゴエリアではスプリンガーダムゼルなどスズメダイの仲間を多く見ることができます。とりわけ安全停止ラインの水深5mのリーフトップには美しいコーラルガーデンが広がっていて、サンゴと魚の楽園のような空間になっています。

アポ島のダイビングサイト紹介~ラルガハン(Largahan)~

https://atmosphereresorts.com/wp-content/uploads/2016/04/Apo-island-reef.jpg 出典:https://atmosphereresorts.com/wp-content/uploads/2016/04/Apo-island-reef.jpg

アポ島でのダイビング

フィリピンのアポ島へはマニラを経由し、ドゥマゲッティまで行き、そこから船で向かうのが一般的です。島にもいくつかのダイビングショップがあるほか、ドゥマゲッティやリロアンのショップから遠征で行くことも可能です。

ポイントによって、ギンガメアジのトルネードなどのワイドから、珍しいウミウシやハゼといったマクロまで楽しめる貴重な海です。また、多くのポイントでサンゴの群生を見ることができ、美しい水中風景を堪能することができます。

アポ島周辺の海は海洋保護区に指定されており、グローブやカレントフックの使用禁止、着底も禁止です。

初心者でも潜ることができるポイントがほとんどですが、サンゴなどを蹴らないよう中性浮力をしっかり取るようにしましょう。

アポ島でのもう1つの楽しみは、ダイビング船に「営業」に来る「Tシャツ売りのおばちゃん」です。ランチタイムなど、ダイビング船が停泊しているところを見計らって、ビニール袋に大量のTシャツやパレオを詰め込んで乗り込んできます。デザインはダイバー好みのものが多く、生地もしっかりしたものが多いので、実用的な良いお土産になります。

このように魅力溢れるアポ島のおススメのダイビングサイトを、今回から数回にわたり紹介して行きたいと思います。

ラルガハン(Largahan)

アポ島の北西に位置するこのポイントは、ビギナーからコアなフォト派ダイバーまで幅広く楽しむことができます。とても穏やかなポイントで、中・上級者向けの「ココナッツポイント」でドリフトダイビングを行った際のエグジット場所にもなっています。

最大水深は18~20m、1ダイブの平均水深は14mほどです。

ここの魅力は、黒い火山性の砂によって分断されたハードコーラルの群生、深く切り込んだ岩礁、巨大な壁やソフトコーラルのガーデンなどユニークな水中風景です。また、火山活動によって真っ白な砂地にたくさんの泡が浮き出す様子を見ることができ、これもココならではの珍しい水中風景です。

この不思議な環境はマクロ生物にとって好ましい環境のようで、他のポイントでは見られない種類のウミウシやヒラムシ、カサゴが暮らしています。他には、カエルアンコウやハナヒゲウツボアカフチリュウグウウミウシをはじめとするマクロ生物を多く見ることができます。

f:id:kaigai-life:20190413133737j:plain
アカフチリュウグウウミウシ

独特の水中風景が広がり、生き物も多いため、水中写真を撮影するのに適したポイントですが、ここでは動画の撮影もおススメです。

希少価値の高いダイビングサイト

ラルガハンには沢山の貴重なマクロ生物やサンゴが群生しており、その貴重な水中環境を守るため、現地のショップではラルガハンを積極的に選ばないようにしているそうです。

環境保護のため将来的にCloseになる可能性もありますので、是非今のうちに潜っておきたいですね。

アポ島の透明度がヤバイって話

https://i0.wp.com/www.taraletsanywhere.com/wp-content/uploads/2017/06/sea-turtle-in-apo-island2.jpg?fit=665%2C378&ssl=1

出典:https://i0.wp.com/www.taraletsanywhere.com/wp-content/uploads/2017/06/sea-turtle-in-apo-island2.jpg?fit=665%2C378&ssl=1

今回は、フィリピンにある南国のパラダイス、アポ島についてご紹介したいと思います。

日本人にはマイナーな島、それがアポ島

周りの友達に聞いてみてください。

「ねぇねぇ、アポ島って知ってる?」

まず、ほとんどの人が

「知らん、それどこ?」

って答えることでしょう。

少なくとも管理人の日本にいる友達はそんな回答でした(;・∀・)<ダレモシラナイ

そうなんです・・・・アポ島って日本人からするととてもマイナーな島なんですよねorz

アポ島は、フィリピン中部のビサヤ諸島の西に位置するネグロス島からボートで1時間ほどの場所にあります。

ダイバー以外にはあまり知られていない島ですが、フィリピン国内ではかなり有名な島です。

透明度は春一番

まずはアポ島の透明度を動画でどうぞ。

www.youtube.com

透明度やばすぎですwww

フィリピンの気候は1月から6月が乾季、7月から10月が雨季です。乾季がハイシーズンとなりますが、

  • 幼魚が増え始める時期であること
  • 透明度がよい

という条件が揃う3月から5月が一番透明度が良いです。

フォト派ダイバー向け情報

この透明度はフォト派ダイバーにとってはたまらないのではないでしょうか?透明度がこれだけ良いとしっかりと光量を取り入れることができるため、ストロボなしで撮影できるシーンも普通のダイビングサイトと比べ多くなります。

アポ島の北側のダイビングサイトは流れが速く、初心者にはお勧めできませんが、アジの大群を高確率で目撃できます。

アポ島の南側のダイビングサイトは流れが緩く、初心者にお勧めです。カラフルな珊瑚が広がり、ウミヘビ、メガネモチノウオ、ウミウシなどを見ることができます。

また南側のダイビングサイトは、ウミガメとの遭遇率が高いことでも有名です。

www.youtube.com

アポ島へ行っちゃいなよ

アポ島の透明度はいかがだったでしょうか?日本からたった6時間でこの透明度に出会えるって、すごくないですか?

フィリピンでは日本のダイビングと比べると半額程で楽しめるので、コストパフォーマンスも抜群です。

是非一度、アポ島へ潜りに行っみてはいかがでしょうか?

ボラカイ島に来たら絶対行こう!お勧めレストラン

今回はフィリピンで最も有名なリゾート地、ボラカイ島にあるお勧めのレストランをご紹介していきたいと思います。

The sunny side café(ザ・サニーサイドカフェ)

http://images.summitmedia-digital.com/esquiremagph/images/2018/09/28/SUNNY-SIDE-CAFE_COVER_SEPT20188.jpg 出典:http://images.summitmedia-digital.com/esquiremagph/images/2018/09/28/SUNNY-SIDE-CAFE_COVER_SEPT20188.jpg

ボラカイ島で美味しい朝食を食べたい方には、トリップアドバイザーでトップ5位にランクインしているサニーサイドカフェがお勧めです。

アメリカン料理とフィリピン料理を主に提供しており、その中でも黒ゴマと抹茶を使ったパンケーキとベーコンマンゴーグリルチーズが絶品です。

住所:Station 3 Beachfront | Boracay Sands Hotel, Malay, Aklan Province 5608
電話番号:(63)362882874
営業時間:7AM―10PM
URL: http://www.thesunnysideboracay.com/

Trattoria Stella(トラットリア・ステラ)

https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/0e/13/df/bc/tabella-prezzi.jpg

出典:https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/0e/13/df/bc/tabella-prezzi.jpg

ボラカイで最も美味しいイタリアンレストランと言われているのがここ、トラットリア・ステラです。トリップアドバイザーでトップに輝いているこのレストランでは、料理長がイタリア人ということもあり、本場のイタリアン料理を味わうことができます。

このお店一番の人気メニューは、特大ラビオリです。

住所:Diniwid Beach Road, Malay, Aklan Province 5608, Philippines
電話番号:(63) 926 642 4091
営業時間:10AM―9PM
URL: https://www.facebook.com/stellaboracay/

Mang Inasal (マン・イナサル)

https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/09/96/1f/1f/mang-inasal.jpg

出典:https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/09/96/1f/1f/mang-inasal.jpg

Mang Inasalはフィリピン国内で、450店舗以上もある大人気ローカルファストフード店で、主にフィリピンを代表する料理、イナサル・チキン(グリルチキン)を提供しています。イナサル・チキンを60ペソ(約120円)から150ペソ(約300円)で楽しめるとあって地元島民にも人気があるお店です。

グリルチキン以外にもフィリピンで有名なデザート、ハロハロもお勧めです。

住所:D'Mall Boracay, Malay, Aklan Province, Philippine
電話番号:(63)28545692
営業時間:9AM-10PM
URL: https://www.manginasal.com/

Real Coffee & Tea Café(リアルコーヒーティーカフェ)

http://www.dyanlang.com/wp-content/uploads/2017/09/Real-Coffee-Boracay.jpg 出典:http://www.dyanlang.com/wp-content/uploads/2017/09/Real-Coffee-Boracay.jpg

ボラカイ島へ訪れるフィリピン人の間で話題となっているお土産がカラマンシーマフィンです。1996年創業のリアルコーヒーティーカフェは、このカラマンシーマフィンの発祥の地として知られています。

発祥の地なので、

無駄に高い価格設定になってるのでは?

と管理人は疑ってしまったのですが、

  • オリジナルコーヒー 100ペソ(約200円)
  • オリジナルカラマンシーマフィン 45ペソ(約90円)

と、非常に良心的なお値段でした。

疑ってすいません_| ̄|○<スマン

住所:Station 2, Boracay Island, Malay, Aklan, Philippines
電話番号:(036)2885340,(63)9392034436
営業時間:7AM―9PM
URL: https://www.facebook.com/RealCoffeeAndTeaCafe/

barLO Resto Lounge(バーロ・レスト・ラウンジ)

http://www.eatsnowornever.com/wp-content/uploads/2014/04/bar_lo_boracay.jpg 出典:http://www.eatsnowornever.com/wp-content/uploads/2014/04/bar_lo_boracay.jpg

Two seasonsリゾートにあるこのレストランはボラカイ島の西側に位置するため、海に沈む夕日を見ながらディナーを楽しむことができます。オーナーシェフはフィリピン各地にある高級レストランを手掛けるゴンザレス氏で、アジア料理とヨーロッパ料理を融合させた料理を提供しています。

オーナーの一押しメニューは、オイスターシジグです。

フィリピン料理を料理を代表するシジグ、通常は豚肉のみを使用しますが、このお店では揚げた牡蠣を使用しています。牡蠣好きの人なら一度は食べておきたい料理です。

住所:Two Seasons Boracay Beach Resort, Station 1, White Beach, Boracay Island, Aklan
電話番号: (036) 2884384 , (63)9173277346
営業時間:7AM – 9:30 PM
URL: https://twoseasonsresorts.com/boracay/dining/

ブログ村ランキングに参加中。。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

ボラカイ島で日本人がいるダイビングショップ

f:id:kaigai-life:20190309122338j:plain
ボラカイ島のビーチ

フィリピンで最も有名なリゾート地とも言われているボラカイ島ボラカイ島の周辺には数多くのダイビングサイトがあり、初心者から上級者まで楽しむことができます。今回はボラカイ島日本人が常駐しているダイビングショップをご紹介していきたいと思います。

※2019年2月の情報です

アイランドスタッフ

アイランドスタッフは日本人女性がオーナーを務めており、ステーション1にあります。水中ガイドからアフターダイビング、チケット・ホテルの予約まで、日本語でトータルサポートしてくれるところが魅力的なダイビングショップです。

住所:Angol Boracay, Malay, Aklan, philippines 5608
電話番号:(63)9173286123

ボラカイスクーバ

ボラカイ島の中心、ステーション2に位置するボラカイスクーバは、2009年にオープンした日系のダイビングショップです。日本人インストラクターが常駐しており、ファンダイビングのブリーフィングやログ付けも日本語なので、言葉の壁の心配も無く安心してダイビングを楽しめます。

また、ボラカイスクーバではゲスト一人一人を丁寧にケアするため、少人数でのダイビングを心がけています。

大手ダイビングショップにありがちな、

ガイド一人に対して大量のダイバー

とは一線を画しており、とても好感が持てますね。

住所:The Boracay Beach Resort380 White Beach, Station1, Balabag, Boracay Island, Malay, 5608 Philippines
電話番号:(63)362881784

ボラカイ ホワイト ブルー ダイビング サービス リゾート

ステーション3に位置するホワイトブルーダイビングサービスリゾートには、日系のダイビングショップが併設されており、日本人のPADIインストラクターが常勤しています。

こちらのダイビングショップでは、ダイビング以外にもマリンウォークも楽しめます。もし奥さんや子供がダイビングしないのであれば、このようなアクティビティに参加させてあげると

家庭内でのお父さんの地位が少し上がると思いますorz<ペットイカハイヤ

また、ホテルがダイビングショップに隣接されているので、ダイビング後にすぐに休憩できるのも魅力的ですね。

住所:Aklan, Boracay Malay Ambulong, manoc-manoc,
電話番号:(036) 288 5349

アクアライフダイバーズアカデミー

こちらのダイビングショップもステーション3付近に位置しています。1994年創業の老舗ダイビングショップで、ゲストに対するホスピタリティやガイドの評判も非常に高いダイビングショップです。

Cカード取得の講習は日本人インストラクターが担当するので安心です。

また、初心者ダイバーやブランクダイバーへのサポートも充実していることから人気のダイビングショップです。

住所Manggayad Manoc-Manoc, Malay Aklan 5608Boracay Island, Philippines
電話番号: (63)362883276      

ビクトリーダイバーズ

ステーション2にあるビクトリーダイバーズは2006年に開業しました。日本人インストラクターが常駐している為、言葉の壁による不安を抱くことなく、安心してフィリピンの海を楽しめます。ダイビング以外にも下記のようなサービスも提供しています。

  • ファンダイビング
  • 体験ダイビング
  • ライセンス取得
  • マーメイドレッスン

f:id:kaigai-life:20190309130542j:plain

マーメイドレッスンってなんやねん?

気になる方はビクトリーダイバーズのホームページへどうぞ。

diving-mermaid.info

住所:White Beach Station 2, Boracay Island Malay Aklan 5608
電話番号:(63) 362886056