東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。



トリンコマリーへの行き方

f:id:kaigai-life:20200224212847j:plain
トリンコマリーの美しい海

もうそろそろ3月ということで、GWの予定を検討しているダイバーも多いのではないでしょうか?今日は5月からハイシーズンとなるスリランカのトリンコマリーへの行き方を紹介します。

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

日本からトリンコマリーに行くには、まずコロンボに飛びます。スリランカの北東に位置するトリンコマリーは、コロンボから240km離れています。 移動手段には、車や飛行機、電車、バスなどがあります。特徴としては、自由がきくのは車、とにかく早い飛行機、予算優先なら電車かバスです。それぞれを見ていきましょう。

車(ツーリストカー)

コロンボ国際空港からトリンコマリーまで車で5時間ほどかかります。

ドライバー付きのレンタカーである「ツーリストカー」を依頼すると、道中で観光したり、休憩を好きなタイミングで入れたりすることができます。電車やバスと違い、荷物の大きさを気にする必要もありませんし、電車などなら発生する、本数の少ない便を待たなければならない時間も有効に使えます。

一日につき8,000~10,000ルピー(約4,800~6,000円・2019年11月のレートで計算。以下同)が相場です。旅行会社などを通じて予約することもできますし、コロンボ空港のカウンターで申し込むこともできます。

飛行機で

コロンボの南10kmにあるラトゥマラナ空港から、ヘリツアーズという会社がトリンコマリー行きの飛行機を週に3回(月、水、金。祝日は休み)出しています。飛行時間は約1時間で、大人片道4,650ルピー(約2,800円)です。電話で予約できます。

時間と体力をダイビングに集中させたい方にはおすすめです。

ただし、帰りは減圧症予防のため、搭乗時間の18時間前までにダイビングを終える必要がありますので注意してください。

電車で

コロンボ・フォート駅から約8時間で到着します。乗り換えなしで行けるインターシティは夜行のみで、21:30に出て翌5:30につきます。エアコンのある一等車(寝台車)が1,500ルピー(約900円)、二等車が750ルピー(約450円)、三等車が500ルピー(約300円)です。

スリランカの鉄道は日本の新幹線より揺れます。体力を温存したい方には寝台車がおすすめです。トイレもついています。

どのクラスも予約制で、フォート駅で30日前から購入できます。

バスで

バスで行くと、コロンボから約7時間かかります。料金はバスの車種によって違い、エアコンなしのノーマルバスは357ルピー(約220円)、エアコン付きは715ルピー(約430円)です。

かかる時間は電車とそう変わりませんが、路面の状態や、急加速・急ブレーキが当たり前の交通事情を考えると、電車の方がおすすめです。

スーパーラグジュアリーというカテゴリのバスは1,070ルピー(約640円)と高めですが、エアコンがあり、座席がくつろげる仕様になっているので、バスの中ではおすすめです。コロンボを22:30に出発し、翌4:30に到着します(約6時間)。こちらのバスはチケットを事前に購入する必要があり、WEB(busseat.lk)での事前予約も可能です。トイレ休憩はあります。

ただ、始発のバス停がフォート駅周辺ではない場合があるので、チケット購入時に乗車地点を確認し、さらに、乗車直前になったら、付近にいる人に「トリンコマリー行きのバス停はここであっていますか」と確認しましょう。

日本からコロンボへの行き方

f:id:kaigai-life:20191106210620j:plain

前回はコロンボの沈船ポイントを紹介しました。 今回はコロンボへの行き方を紹介します。

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

フライト

スリランカ最大の都市コロンボに行くには、日本から飛行機で最寄りのコロンボ国際空港(バンダラナイケ国際空港)に飛び、そこから車で1時間ほど移動します。

成田からコロンボ国際空港に行く直行便はスリランカ航空(JALと共同運航)が運航しています。

入国時に帰りのチケットが必要なので、往復チケットを買っておく必要があります。また、入国時に提示を求められる可能性があるので、印刷した帰りのチケットを機内持ち込み荷物に入れておきましょう。

また、出入国審査カウンターで入国カードを記入するので、ペンも機内に持ち込んだほうがいいです。入国カードはフライトの中で配られることもあります。

パスポート

入国時に半年以上の残存期間が必要です。

ビザ

スリランカは、観光目的での渡航でもETAビザが必要です。入国時に手続きすることもできますが、出発前にネットで手続きすることもできます。

通常ならネットでの事前申請で35ドル、現地申請の場合では40ドル費用がかかりますが、2019年8月から2020年1月末までの期間限定で、日本からの渡航分は無料となっており、お得になっています。

観光ビザでは通常1カ月間滞在でき、滞在中に申請すれば、最大3カ月までビザを延長できます。

市内への移動

コロンボ空港とコロンボをつなぐ高速道路自体は20分ほどで通過できますが、市内に入ってからの移動時間には大きな幅があります。通勤通学ラッシュやイベントなどの影響で、激しい渋滞が起きることがよくあるからです。

ホテルの送迎がない場合、バスもありますが、夕方には終わってしまうため、空港内で申し込むタクシー、あるいは配車アプリのUberがおすすめです。流しのタクシーは、ぼったくりなどの被害にあうリスクがあるので、あまりおすすめしません。

Uberの使い方は簡単

特にUberは、利用者がドライバーを評価するシステムがあるので、対応のよいドライバーが多く、おすすめです。行き先を入力すると、利用可能な車両の種類と費用が表示されるので、その条件で納得したらOKボタンを押せば、数分で車両が迎えに来てくれます。市内での移動にも非常に重宝しますので、使ったことがないという方も、この機にダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

支払いは現金がおすすめ

日本にいる間にアプリをダウンロードしておき、名前などの個人情報とクレジットカードを登録します。支払いはカードと現金の両方が選べますが、現金で支払う方が対応がよいことが多いです。個人的な体験の範囲ですが、ドライバーが道に迷ったり、渋滞で時間がかかった場合、カードの場合は自動的に当初の料金よりも高くなってしまいますが、現金払いの場合は上がらないことが多く、故意に遠回りされることがなくなりました。

トゥクトゥクは安いけど危険

Uberでは三輪のトゥクトゥクと自動車の両方が選べ、トゥクトゥクの方がぐっと割安です。ただし運転が荒いドライバーが多く、車線を無視して割り込みをするので命の危険を感じることもあります。自動車の場合、そうしたことはほとんどありませんし、大きな荷物を安全に載せることもできます。

コロンボのダイビングサイト(沈没船)

f:id:kaigai-life:20191205191116j:plain
沈船は美しい!!

コロンボ付近の沈没船

スリランカには古くから、海のシルクロードの一部として、多くの船が立ち寄ってきました。その一部の船は島の周囲で沈んで海の生き物たちの住処となり、また幻想的な景色を作り出しています。

天然の良港として知られたコロンボの沖には、たくさんの注目すべき沈没船があり、初心者から上級者まで楽しむことができます。多くは海岸からボートで45分ほどで行くことができ、透明度は平均して10mです。沈没船の一部をご紹介します。

f:id:kaigai-life:20191106205922j:plain
コロンボ近辺には沈船ポイントがたくさんある

SS ペルセウス

第一次大戦中にドイツに沈められた、イギリスの貨物船があります。水深30~40m付近にあり、また海流も強いため、上級者向けです。

クラーク

SF映画2001年宇宙の旅」の原作者として知られる、アーサー・C・クラークが、自身の80歳の誕生日に行った最期のダイビングで発見した、全長35mのバルジです。水深25~29mにあります。

チーフ ドラゴン

コロンボで最もよく知られたサイトです。全長112mもある自動車運搬船が1983年に沈み、構造物の多くが付近に散乱しています。水深は24~35mで、時折ある強い海流に注意が必要です。

ワレット

付近でロウニンアジや大きなオニカマスが頻繁に目撃されます。透明度が高いので、広角レンズでの撮影に適しています。ただし水深は30~40mと上級者向きです。

トイレット バルジ

なぜかデッキにトイレがぽつんと残されている、全長20mの船が水深25~30mに沈んでいます。

ロータス バルジ

サイズは小さいものの、様々な珊瑚に彩られた、コロンボ付近で最もカラフルな沈没船です。水深は25~28mです。

コール

二つに割れた船が、水深21~26mに沈んでいます。

タプロバン イース

白い砂の上に小さなバルジがある、撮影にぴったりのサイトです。水深は26~32mです。

ペチュール ブレトン

全長87mの貨物船が水深18~33mに沈んでいます。船の中を泳ぐこともできます。

メドゥーファル

2009年に沈んだばかりの全長77mの貨物船が16~30mの深さにあり、ほぼ完全な形を保っています。

バッテリー バルジ

水深45mにあるため、特別な資格のあるダイバーだけが行くことができます。

サーモフィラエ シエラ

2012年と、コロンボ付近で最も新しく沈んだ船があります。メインデッキは水深7~12mにあり、初心者から楽しめます。

SS ワースターシャー

こちらも第一次大戦中にドイツに沈められたイギリスの船です。最も深い部分で57mもあるため、特別な資格のあるダイバーだけが行くことができます。

モラトゥワ ガン ボート

海軍の警備艇と思われる船が水深10~14mに沈んでいます。初心者でも楽しめます。

今がシーズンのコロンボ

今、日本は冬なのでダイビングどころではありませんが、コロンボ近辺は今がまさにハイシーズンです。

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

年末の予定が決まっていない方は是非コロンボへ訪れてみてはいかがでしょうか?航空券いくらくらいかなーっと思って、エクスペディアで航空券をちょっと調べてみたのですが、さすが年末ですね。

ムチャクチャ高い!

20万円は無理っすorz

ヒッカドゥワへの行き方

南西海岸にあるヒッカドゥワには、身軽な旅の場合、コロンボから鉄道またはバスで行くのがおすすめです。また、観光地ゴールのそばにあるので、一度ゴールに行き、観光してから向かう方法もあります。

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

f:id:kaigai-life:20191106204058j:plain
ヒッカドゥワの海

鉄道

海沿いを走る鉄道の各駅から、ゴール方面行きに乗って2時間から3時間ほどで行けます。

エアコンのついた一等車は300ルピー(約180円・2019年10月のレートで計算。以下同)、エアコンはなく天井にファンがついている二等車は160ルピー(約96円)、エアコンもファンもない三等車は85ルピー(約51円)です。

一等車は指定席なので必ず座れますし、何よりエアコンがついていますので一番のおすすめですが、乗車当日には乗車券が売り切れていることが多いので、事前にフォート駅で予約しておきましょう。到着時刻やホームは予告なく変更になることがあるので、係の人に確認する必要があります。

ゴールからは30分で行くことができ、二等は40ルピー(約24円)、三等は20ルピー(約12円)です。

バス

コロンボからバスで2時間半から3時間で行けます。エアコンがなく窓が全開のノーマルバスがおよそ131ルピー(約79円)です。ヒッカドゥワ行きの32番のバスもありますが、本数の多い2番のゴール行きに乗って途中下車するのがおすすめです。

コロンボでは、日本における鉄道くらい、バスが地元の人々に利用されています。

グーグルマップにもバス停の場所が表示されているので、そのポイントを押せば、立ち寄るバスの番号や到着時間、行き先を見つけることができます。表示される到着時刻は目安です。路線変更があることもあるので、乗車時に行き先を確認しましょう

ただし、コロンボでは多くの場面で英語が通じますが、ノーマルバスの集金係のなかには、シンハラ語のみで英語が通じない人もいます。乗車したら席に着き、集金係が来たときに行き先を告げて現金を渡すと、おつりがあるときは渡してくれます。

ゴールからは30分から40分で、ノーマルバスで40ルピー(約24円)です。

f:id:kaigai-life:20191106204240j:plain
街並みを眺めながらの移動も楽しい

タクシー(もしくはUber

高速を使って、コロンボから2時間ほどで行けます。その代わり5,500ルピー(約3,300円)からになるので、鉄道やバスに比べて高くつきますが、ダイビングの装備を持参する人にはおすすめです。フライトの便が早く着く場合は、空港から直接向かうという方法もあります。

ヒッカドゥワのダイビングサイト

ヒッカドゥワのダイビングサイト

スリランカでマリンスポーツというと、まず名前が挙がるのが南西海岸にあるヒッカドゥワです。

ダイビングスクールがいくつもあり、沿岸からボートで15分以内に行けるサイトもあります。難度も多様で、初心者から上級者まで、どんなレベルのダイバーも楽しむことができます。

ただし、スリランカには日本語に対応できるダイビングショップがなく、すべて英語で行われるため、まったくの初めてという人はリスクをよく考慮した方がいいでしょう。

ヒッカドゥワのダイビングサイトの一部をご紹介します。

f:id:kaigai-life:20191021223609j:plain
ヒッカドゥワのダイビングサイト

コンク

水深12~21mに石油タンカーが沈んでいます。沈んだのは1903年ですが、石油タンクそのものがその場に残っており、キャビン内に入れるなど、状態は良好です。

キララ ガラ

海岸から15分で行けるサイトです。軟体サンゴに覆われた円錐形の岩場が水深21~38mにあります。たくさんの魚群に囲まれており、季節によってはマンタやジンベイザメが来ることもあります。

ブラック コーラル ポイント

16~30mの深さにある珊瑚礁に沿って、色とりどりの珊瑚が立ち並ぶ様は雄大そのものです。もちろん黒珊瑚もあります。

カダワラ ガラ

水深5~18mです。水面近くの岩のそばから、岩肌に沿って潜っていきます。リーフにすむさまざまな魚や、ハタ、ウツボがいます。

ヒッカドゥワ ガラ

水深5~18mに美しい岩とたくさんの魚がおり、初心者と経験者の両方に理想的なサイトです。複雑でカラフルな珊瑚で世界的に知られています。

ゴダ ガラ

水深8~26mにある大岩場です。大きな丸い石が転々とする景色は、ほかの惑星のようにも見えます。青いフグやウツボのほか、ロブスターなどさまざまな海洋生物に会えます。

メダ ガラ

水深2~28m。沈没船があり、ときおりイルカや大きな魚群を見ることができます。

ララ ガラ

水深1~20mにありますが、波が荒いため、水面のすぐ下にいるような気持ちになれるサイトです。

アークトゥルス

水深18mに、イギリスの蒸気船が沈んでいます。軟体サンゴに覆われています。

クリスピギ クロス

1980年代に沈んだ、パナマからのボートが水深16mにあります。大きなエンジンが、本来の位置に留まっており、そこではたくさんの魚を見ることができます。

ラングーン

水深30mに、1863年に建造された蒸気船が沈んでいます。完全な姿勢で直立しており、付近では最も美しい沈没船の一つです。

アール オブ シャティスブュリー

海岸から15分で行けるところに、1820年代に沈んだイギリスの船があります。最も深い部分で15mになります。

ケイブ

天然の洞窟が海底にあります。あたり一面に色とりどりの珊瑚が揺れるさまは、まるで花畑のようです。水深は8~16mです。