東南アジアでダイビング

東南アジアのマニアックなダイビングポイントをタイ在住の管理人がお伝えします。

セイルロックでジンベイザメ

前回の続きです。

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

ツバメウオで満足していた管理人ですが、ダイビングをしていると前から大きな塊が近づいてきます・・・・

f:id:kaigai-life:20170610101132j:plain

あっ! f:id:kaigai-life:20170610101148j:plain ああああっ! f:id:kaigai-life:20170610101152j:plain

ジンベイザメ来たー!!!
やっぱりジンベイザメは美しいですね!もっとゆっくりジンベイザメを堪能できたら良いのですが、そんな管理人の願いむなしく、ジンベイザメはあっという間に管理人たちの前を通り過ぎてしまいました(´・ω・`)ショボーン

しかし、今年のタオ島はこれで終わりませんでした(;・∀・)<コトシハスゴイ
セイルロックのピナクル中層でジンベイ待ちをしていると・・・

f:id:kaigai-life:20170610101458j:plain

はい、来ました再度ジンベイwwww

今回はさっきよりも他のダイバーが気づく前に管理人達が気づいたので、ジンベイザメ独占状態です。 もうこれでもかっていう位ジンベイザメと一緒に泳ぎました。 管理人のダイビング人生で、これほど長くジンベイザメと一緒にいたのはこれが初めてです。

ジンベイザメを十分に堪能して、安全停止していると

f:id:kaigai-life:20170610103401j:plain

下からドーンwwww
また別のジンベイが登場www

f:id:kaigai-life:20170610103421j:plain

f:id:kaigai-life:20170610103430j:plain

もう、今年のタオ島・・・というかセイルロックはむちゃくちゃです。いたるところでジンベイザメがドーンでした。10年近くタオ島に通っていますが、今年がこれまでで一番のジンベイの当たり年間違いないです。GWは終わってしまいましたが、タオ島はお盆の時期も十分にダイビングできます。皆さんもジンベイザメに会いに行ってみてはどうでしょうか?

GWはBan’s Diving Resortのモリさんにお世話になりました。昼も夜も楽しめるダイビングショップでおすすめです。 ameblo.jp

タオ島はやっぱりすばらしかった

Facebookにも投稿しましたが、GWはタオでダイビングしてきました。

(東南アジアでダイビングのFacebookこちら

早速ジンベイザメ情報を・・・・と言いたいところですが、今回はセイルロックの情報です。 GW中に2度セイルロックで潜ったのですが、今年のセイルロックは去年と全く違う魚影でした。

セイルロックってなに?去年のセイルロックの魚影はどんな感じだったの?そんな方は去年の記事を一読ください。

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

一言で言うと去年のセイルロックは・・・

「魚の群れが半端なかった」

去年はギンガメアジバラクーダなどがこれでもかって言う位群れていました。 その時の写真は↓↓↓

f:id:kaigai-life:20170521135959j:plain f:id:kaigai-life:20170521140007j:plain f:id:kaigai-life:20170521140010j:plain

今年もこんな魚影が見れると思ってセイルロックに参戦したのですが、そこに居た魚の群れは去年と異なる魚でした。 なんの魚が群れていたかというと

ツバメウオの大群(;゚Д゚)<スゴイ

f:id:kaigai-life:20170521140611j:plain f:id:kaigai-life:20170521140620j:plain f:id:kaigai-life:20170521140626j:plain

ツバメウオの群れ以外、つまり昨年見ることができたシェベロンバラクーダやギンガメアジの群れは見れませんでした。 しかし、それを差っ引いてもこのツバメウオの群れは圧巻です。管理人はこれまでに600本近く潜っていますが、こんなにツバメウオが群れているダイビングポイントを見たことがありません。

管理人的にはこのツバメウオの群れを見るだけでもセイルロックに来た甲斐があるのですが・・・・こんなセイルロックにこの後ジンベイが登場します(* ´艸`)クスクス

今年のタオ島は大変なことになっているらしい

f:id:kaigai-life:20170401112952j:plain

サワディーカップ。 東南アジアでダイビングの管理人です。

最近、管理人のFBに続々とシェアされた写真が表示されています。 その写真はいずれもタオ島ジンベイザメです。普段バンコクのオフィスで仕事をしている管理人に対して、喧嘩を売っているとしか思えません"(-“”-)"

最初の頃は「今年もジンベイザメタオ島で出たのかーよかったよかった」と対して気にも留めていなかったのですが、ほぼ毎日のように入ってくるジンベイザメの目撃情報に、これは只事ではないと思い始めこの記事を書いています。

そうです!

今年のタオ島ではジンベイザメが出まくっているのです!

各ダイビングショップもほぼジンベイ情報一色です。 そりゃそうですよね?タオ島で1000本潜っても見れない人がいる程の希少なジンベイザメ・・・そのジンベイザメがほぼ毎日のようにタオ島に出現しているのですから。

管理人は7年前にタオ島でDMT(ダイブマスタートレーニング)をするために1ヵ月タオ島に滞在していました その年は比較的ジンベイザメの当たり年で1ヵ月の間に3,4回ジンベイに遭遇できました。

しかし、今年のジンベイザメはその比ではない(;・∀・)

前回の記事で紹介しましたが、管理人は今年のGWをタオ島で過ごす予定です。 正直言って・・・・

ムッチャ楽しみです( *´艸`)

2017年のGWの予定

f:id:kaigai-life:20170318112106j:plain

過去に管理人がタオ島で遭遇したジンベイザメ


サワディーカップ。
東南アジアでダイビングの管理人@相変わらずタイは暑いです。

気がつけばもう3月中旬です。 そう、この時期になると考えなければならないことがあります。

それはGWの予定

他のタイローカル企業は、来月のソンクラーン(タイ旧正月)を使って長期連休をとるスタッフが多いのですが、 管理人が働いている会社は日系企業のため、ソンクラーン期間中、日本は稼働しておりゆっくり休ません。 その代わり日本側が長期連休となるGWに、管理人も合わせて長期連休をとるようにしています。 その結果、今年のGWは10連休となりました( *´艸`)<ヤッター

さて、去年のGWはどこへ行ったかというと・・・・

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

はい、タオ島でした

今年のGWは10連休ということで、

  • バリガサク(フィリピン)
  • シパダン(マレーシア)
  • リペ島(タイ)
  • リロアン、モアルボアル(フィリピン)

などを考えていたのですが、結局どうしたかというと・・・

タオ島

去年と同じかいwwwっとツッコミたくなると思いますが、そこはぐっと堪えて下さい(笑) なぜ今年もタオ島にしたのか?その理由は

今年はジンベイザメの当たり年かも?

という情報が入ってきたからです。確かにタオ島のダイビングショップのブログを見ると、例年に比べて多いように思います。 管理人も5年近くジンベイザメを見ていなかったので、今年はジンベイザメ狙いでGWの予定をタオ島にしました。

いやーGWが本当に待ち遠しいですね。 ジンベイザメに会えることを願って、あと1か月仕事を頑張りたいと思います。

タオ島に日本人インストラクターがいる新しいダイビングショップができた

f:id:kaigai-life:20161105121125j:plain

タオ島にあるBan's Diving Resort, Koh Tao - Official websiteに、2017年2月から日本人インストラクターが常駐することになりました。

Ban's Diving Resort, Koh Tao - Official websiteは、数年前に別の日本人が日本へ帰国してから日本人インストラクター不在の状態が続いていました。

しかし・・・・

ameblo.jp

ついに日本人インストラクターが常駐することになりました(゚∀゚)<イイ

Ban's Diving Resort, Koh Tao - Official websiteは管理人がタオ島に行く際にいつも利用しているダイビングショップです。 タオ島にはビッグブルーブッダブッダビューなど大きなダイビングショップがありますが、立地だったりショップの雰囲気が肌に合わず管理人はいつもBan's Diving Resort, Koh Tao - Official websiteを利用していました。

southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

今後、日本人インストラクターが常駐することになったBan's Diving Resort, Koh Tao - Official websiteは、ますます魅力のあるダイビングショップになることでしょう。

これからタオ島へ訪れる方は、是非滞在先の1つとして検討しみてください。